アルナウトビッチにオファーもボローニャは拒否 それでもマンUは契約に自信を見せると英紙

昨季イタリアで得点を量産したアルナウトビッチ photo/Getty Images

クリスティアーノ・ロナウドの後釜になるのか

前線のストライカーは誰が務めるのか。今季のマンチェスター・ユナイテッドはさらなるFWの補強が必要だろう。

今夏はクリスティアーノ・ロナウドが退団を希望するなど、前線のプレイヤーを獲得することは大きな課題とされていた。しかしここまで前線に目立った補強はなく、新たな得点源に期待が寄せられている。

そんな中でユナイテッドが目を付けたFWがマルコ・アルナウトビッチ。英『Mirror』によると、ボローニャで昨季セリエA33試合14ゴールを決めたストライカーに白羽の矢を立てて獲得を企てているようだと伝えている。中国でプレイし、ひさびさの欧州挑戦で二桁得点を決めたストライカーにオファーを提出したようだ。

しかし同紙によればボローニャはユナイテッドからのオファーを拒否。720万ポンドで獲得しようとしたものの、ボローニャ側は断った様子であると伝えている。それでもユナイテッドはアルナウトビッチ獲得に自信を持っており、契約できると考えているようだと報道。トウェンテ時代にエリック・テン・ハーグ監督の下でプレイしているアルナウトビッチだが、ひさびさの再会はあるのだろうか。

記事一覧(新着順)

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.273 プレミア最新勢力図

雑誌の詳細を見る

注目キーワード

CATEGORY:コラム

注目タグ一覧

人気記事ランキング

LIFESTYLE

INFORMATION

記事アーカイブ