EL王者を6発で粉砕…… レヴァンドフスキ抜けたバイエルンに生まれる《新ファンタスティック・フォー》

開幕戦からゴールラッシュだったバイエルン photo/Getty Images

前線4人が目まぐるしくポジションを変える

ついにブンデスリーガ2022-23シーズンが開幕。ファーストマッチは王者バイエルンVS昨季のヨーロッパリーグ王者フランクフルトのカードとなり、フランクフルトの金星を予想していた人もいるだろう。

しかし、試合は前半からバイエルンがペースを握った。FWロベルト・レヴァンドフスキを失ったダメージが気になるところだったが、前線ではトーマス・ミュラー、セルジュ・ニャブリ、伸び盛りのジャマール・ムシアラ、そしてリヴァプールより加入したサディオ・マネが先発。この4人が前線で自由にポジションを動かして縦パスを引き出し、この動きをフランクフルト守備陣はなかなか捕まえられなかった。

5分にMFジョシュア・キミッヒのゴールで先手を獲ったバイエルンは、その5分後にもDFバンジャマン・パヴァールのゴールで加点。10分で2点のリードを奪い、完全に試合のペースを握った。

フランクフルトの方はプレシーズンからボランチで起用されていた鎌田大地の先発が期待されたが、指揮官オリバー・グラスナーはジブリル・ソウとセバスティアン・ローデを抜擢。鎌田はベンチに座ったままゲームを終えており、やや守備を意識しての人選だったか。

その後もバイエルンは前線の4枚が躍動。29分にニャブリのアシストからマネが頭でブンデスリーガ初ゴールを記録すると、35分にはサイドを崩したところからムシアラが4点目をゲット。43分にはニャブリが試合を決定づける5点目を奪っており、この前線は新ファンタスティック・フォーと名付けても問題ない。ミュラーも得点こそなかったが、ニャブリとムシアラのゴールはきっちりとアシストしている。

後半はフランクフルトがナントから獲得した187cmの大型FWランダル・コロ・ムアニの推進力を活かして巻き返したが、終盤は再びバイエルンの時間に。83分にはムシアラがこの日2点目を決め、バイエルンは開幕戦を6-1で制した。

前述したファンタスティック・フォーに加え、途中から出てきたレロイ・サネ、さらに左サイドを異常なスピードで駆け上がってくるアルフォンソ・デイビスの攻撃参加も脅威だ。前線で柱となるレヴァンドフスキは抜けたが、そのぶん複数のアタッカーがポジションを動かしてバイタルエリアを上手に使っていた印象だ。この形がフィットすれば、昨季までとは違った強いバイエルンを見せることも出来るだろう。


[スコア]

フランクフルト 1-6 バイエルン

[得点者]

フランクフルト:ランダル・コロ・ムアニ

バイエルン:キミッヒ、パヴァール、マネ、ムシアラ×2、ニャブリ

記事一覧(新着順)

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.272 ラ・リーガ新2強時代へ

雑誌の詳細を見る

注目キーワード

CATEGORY:コラム

注目タグ一覧

人気記事ランキング

LIFESTYLE

INFORMATION

記事アーカイブ