シント・トロイデン指揮官は“長身FW原大智”の復帰を希望 今季2ゴールの林大地と再び日本人コンビ結成か

現在は保有元のアラベスに合流している原大智 photo/Getty images

長身は大きな武器だ

ベルギーのジュピラー・プロリーグは一足早く22-23シーズンが開幕しており、すでに2試合が消化されている。日本人選手が多く所属するシント・トロイデンはここまでどちらも1-1での引き分けており、勝ち点は2ポイントでリーグでは15位となっている。

だがそこまで悲観することはないかもしれない。初戦のロイヤル・ユニオン・サン・ジロワーズ、2戦目のヘントは昨季のレギュラーシーズンで1位と5位の好成績を収めているチームであり、そう考えればここまでまだ負けなしは悪くない成績だといえる。

そんなシント・トロイデンで躍動しているのが、ベルギー2年目の林大地だ。サガン鳥栖からやってきたストライカーはチームでFWとしての地位を確立しており、今季は2試合ともに先発している。しかも2ゴールと数字も残しており、貴重な得点源として輝いた。
林の2ゴールはどちらも簡単な得点ではなく、難しいヘディングでのシュートだ。相手DFにマークされながらも決めきる力とそのマークをできるだけはがす動き出しは見事であり、成長を感じられる2試合だった。また得点だけでなく、運動量豊富な守備は今季も見られており、ベルギー2年目の林の完成度は高い。

昨季ともに前線で戦った相棒がチームに戻ってくることになればさらなるパフォーマンスの向上が期待できる。原大智のことだ。昨季のシント・トロイデンでは8ゴールを挙げたストライカーで、現在は保有元のアラベスに在籍している。

原の強みはその191cmの高さであり、前線で起点を作ることができる。林も前線で起点となれるプレイヤーだが、原のような身体的な優位はなく、今季のシント・トロイデンは思うように前線でボールが収められない。香川真司も優秀なストライカーの下でプレイする選手であり、原の再加入でシント・トロイデンの攻撃は一段階レベルアップするだろう。

ベルギーメディア『Voetbalbelgie』によると、シント・トロイデンの指揮官であるベルント・ホラーバッハ監督は原の復帰を期待しており、クラブも獲得に動いているという。また西『noticias de Alava』では原がシント・トロイデン復帰を希望していると明かしており、ベルギー復帰は時間の問題かもしれない。

昨季は191cmの長身を武器にベルギーで躍動した原。その長身は今のシント・トロイデンでも唯一無二であり、再び林とコンビを組むことになるのだろうか。

記事一覧(新着順)

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.275 カタールW杯GS展望

雑誌の詳細を見る

注目キーワード

CATEGORY:コラム

注目タグ一覧

人気記事ランキング

LIFESTYLE

INFORMATION

記事アーカイブ