C・ロナウドのアトレティコ移籍説にサポーターが大反発 「#ContraCR7」を添えた投稿多数

マンUから退団してしまうのか photo/Getty Images

去就が注目されるロナウド

今夏にマンチェスター・ユナイテッドから退団する可能性があるFWクリスティアーノ・ロナウド。最近になって“禁断の移籍”も噂されているが、やはりサポーターたちはこれを拒絶しているようだ。

どうやらチャンピオンズリーグへの出場を求め、マンU退団を希望している様子のロナウド。チェルシーやパリ・サンジェルマン、バイエルン・ミュンヘン、バルセロナなど、数々のビッグクラブが移籍先候補として噂にあがったが、最近はアトレティコ・マドリードの名前も浮上している。

2009年から9シーズンに渡って、レアル・マドリードで活躍したロナウド。レアルとアトレティコは同じマドリードを拠点とするライバル同士であり、アトレティコはリーグやCLにおいて、彼のゴールのせいで何度も苦杯をなめさせられている。アトレティコサポーターにとってロナウドは、まさに宿敵と言える存在だろう。

英『Daily Mail』によると、アトレティコサポーターはやはりこの話題に反発しているようで、「#ContraCR7」(Contraはスペイン語で、~に対抗するという意味)というハッシュタグを用いながら、Twitter上でこのようなコメントを残している。

「もしこいつ(ロナウド)が俺のアトレティに来たら、俺は(アトレティコに関する)2つのサブスクリプションを解約する……。 俺たちはクズを集めるための亡命先ではない」

「あのポルトガル人で勝つより、カルロス・マルティン(ユース出身の20歳FW)で負けた方がマシだ。バカにするな!」

「このクラブでは、ブランドやイメージ、経済的利益などが、スポーツや社会的な側面より優先されることはないだろう」

こういったサポーターたちの反応とは対照的に、FWアントワーヌ・グリーズマンを放出し、ロナウド獲得のための資金を捻出するのではないかという噂も出ている。もしロナウドの加入が実現すれば、戦力的にはバルセロナからアトレティコへやってきたFWルイス・スアレスのような活躍も期待できそうだが、ロナウドとアトレティコの双方が熱烈なサポーターからの反発を受けることになりそうだ。

記事一覧(新着順)

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.271 J1勢力図2022夏

雑誌の詳細を見る

注目キーワード

CATEGORY:コラム

注目タグ一覧

人気記事ランキング

LIFESTYLE

INFORMATION

記事アーカイブ