逆足オーバーヘッドで大勝に貢献 家長昭博のスーパーゴールで川崎が公式戦4試合ぶり勝利

家長の得点が4ゴール目を決めた photo/Getty Images

36分にオーバーヘッドで得点

川崎フロンターレはJ1第21節でガンバ大阪と対戦。前半に退場者を出したG大阪に対し一挙4ゴールを奪って4-0で川崎が勝利した。この試合でスーパーゴールを決め、川崎の勝点3獲得に大きく貢献した男が家長昭博である。

前半の30分間だけで3ゴールを決めて差を離した川崎。それでも攻撃の手を止めない王者は36分、CKからのこぼれ球に反応した家長がオーバーヘッドでシュートを放ち、試合を決める4点目を奪って見せた。

正真正銘スーパーゴールといえる1点だった。CKからのボールはうまく合わせられなかったものの、宙に浮いたボールは上手く家長の頭上に。フリーだった41番はオーバーヘッドのモーションを見せると、利き足とは逆の右足で豪快にゴールネットを揺らした。

現在36歳の家長は、J1王者の川崎をけん引。3連覇を狙うチームは、J1のここ6試合で1勝と苦しみ、天皇杯でも東京ヴェルディに敗戦し、今節は公式戦4試合ぶりの勝利となった。今季5ゴール目を決めた家長が、さらに結果を残して首位へと突き進みたいところだ。

記事一覧(新着順)

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.272 ラ・リーガ新2強時代へ

雑誌の詳細を見る

注目キーワード

CATEGORY:コラム

注目タグ一覧

人気記事ランキング

LIFESTYLE

INFORMATION

記事アーカイブ