グリーリッシュやフォーデンと並ぶMFにマディソンの名を挙げたウィルシャー 絶不調イングランドの切り札となるか

イングランド代表にはあまり縁がない photo/Getty Images

レスターでキャリアハイと言える成績を残した25歳

6月に行われたUEFAネーションズリーグで2分2敗と絶不調のイングランド代表。ハンガリー代表にも0-4の歴史的大敗を喫し、今回未招集となったレスター・シティで活躍するMFジェイムズ・マディソンは11月のカタールW杯に向けた切り札となるのか。

今月のイングランド代表は、ウェストハムで今季リーグ戦12ゴール10アシストと印象的なパフォーマンスを披露したFWジャロッド・ボーウェンやレスターのDFジェイムズ・ジャスティンを初招集。11月のW杯に向けて新戦力の発掘にも目を向けた。

その一方で、ボーウェンと並んで候補と見られていたマディソンは代表メンバーから落選。今季はリーグ戦12ゴール8アシストと、イングランド代表常連のMFメイソン・マウント、FWブカヨ・サカといった選手たちに負けず劣らずの成績を残したが、ガレス・サウスゲイト監督のお眼鏡にはかなわなかった。

元イングランド代表MFジャック・ウィルシャーも、英『talk SPORT』にマディソンやトッテナムのDFエリック・ダイアーがW杯のメンバー候補に入るべきだという意見を述べた。

「特にマディソンは、(MFジャック・)グリーリッシュ、(MFフィル・)フォーデン、(MFジェイムズ・)ウォード・プラウズよりも多くのゴールとアシストを決めている」

「グリーリッシュもフォーデンも好きだから、クリエイティブなMFが全くいないとは言わないよ。でも少なくともその議論の中にマディソンも入れなければならない」

2019年11月のモンテネグロ戦が最初で最後の代表戦となっているマディソン。W杯前にイングランド代表で彼を試すなら、残すは9月のネーションズリーグとなるが、滑り込みでカタール行きのメンバーに入ることはできるのか。

記事一覧(新着順)

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.270 欧州4大リーグ2021-22

雑誌の詳細を見る

注目キーワード

CATEGORY:コラム

注目タグ一覧

人気記事ランキング

LIFESTYLE

INFORMATION

記事アーカイブ