アーセナルの10番に、人気銘柄の右サイドバック 人材が豊富すぎるイングランド代表の楽しみな若手たち

主力ではないが今後イングランド代表の中心を担うことになるスミス・ロウ photo/Getty images

22-23シーズンで注目を集めればカタール行きもあるだろう

UEFAネーションズリーグではまさかの黒星スタートとなったイングランド代表。対戦相手のハンガリーもEURO2020ではフランス代表、ドイツ代表に引き分けるなど堅守を強みとしており、ガレス・サウスゲイト率いるイングランド代表から勝ち点3を獲得した。

そんな黒星を喫することになったイングランド代表だが、11月に予定されているワールドカップ・カタール大会では優勝候補の一角である。その要因は豊富すぎる選手層で、次から次へと逸材が出てくる。ジャロッド・ボーウェンのような下から這い上がってくる実力者もおり、厚い選手層が彼らの強みである。

英『THE SPORTSMAN』ではアンダー世代のU-21で活躍していたイングランド代表をまとめており、彼らが今後フル代表に割って入ることを期待している。

まずはエミール・スミス・ロウ(21)だ。若い今後のアーセナルを担うアタッカーで、すでにフル代表は経験済みだ。今回のネーションズリーグを戦う代表には選ばれていないが、フル代表の選手が怪我で離脱となれば呼ばれる可能性は高い。テクニックと推進力のあるドリブルに長けた選手で今季はリーグ戦で10ゴールをマークしている。

来季からプレミアリーグを戦うことになるノッティンガム・フォレストにはDFジェド・スペンス(21)がいる。FAカップではアーセナルを破るなどジャイアントキリングを起こしており、最終的には準々決勝にまで進んでいる。スペンスは攻撃的な右サイドバックであり、次の移籍市場では人気銘柄の一人だ。フル代表のこのポジションはカイル・ウォーカー、トレント・アレクサンダー・アーノルド、リース・ジェイムズとポジション争いが激しく、スペンスは今後割って入ることはできるのだろうか。

リヴァプールのMFカーティス・ジョーンズ(21)は今後順調に成長を続ければイングランド代表入りは見えてくる。リヴァプールの中盤はチアゴ・アルカンタラをはじめタレントが多く、今季はプレイタイムを伸ばせなかったが、彼の高いキック精度は大きな武器であり、今後は重宝されることになるだろう。

ウルブズから今季イングランドの実質2部であるチャンピオンシップのシェフィールド・ユナイテッドに期限付き移籍していたMFモーガン・ギブス・ホワイト(21)は37試合で12ゴール10アシストと素晴らしい記録を残した。実力のある選手だったがウルブズでは思ったように起用されず、今季花開いた選手の一人だ。22-23シーズンはウルブズでプレイする可能性が高く、ボーウェンのように一気に伸びる可能性もある。

豊富なタレントを持つイングランド代表。特に若手の成長は素晴らしく、スミス・ロウをはじめとする4人以外にも面白い人材は今後出てくることになるだろう。

記事一覧(新着順)

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.270 欧州4大リーグ2021-22

雑誌の詳細を見る

注目キーワード

CATEGORY:コラム

注目タグ一覧

人気記事ランキング

LIFESTYLE

INFORMATION

記事アーカイブ