3試合連続で得点に絡んだマティプ 攻撃的CBがサラーの得点王をアシストした

存在感を発揮したマティプ photo/Getty Images

逆転ゴールをアシストしたマティプ

リヴァプールはプレミアリーグ第38節でウォルバーハンプトンと対戦した。相手に1点をリードされる展開も前半のうちに追いつき、3-1と逆転勝利を果たす。フィルジル・ファン・ダイクが先発落ちとなった今試合は、ディフェンスリーダーとなったジョエル・マティプが攻撃でも存在感を放った。

開始3分でペドロ・ネトにゴールを許したリヴァプール。イブラヒマ・コナテがゴールキックの目測を誤ると、裏に抜け出していた相手にボールが渡ってしまう。マティプも寄せ切れずに中央でフリーとなっていたネトにゴールを決められてしまった。出鼻をくじかれた形となったリヴァプールだが、その後は高いディフェンスラインをキープしながらウルブズを押し込んでいく。

同点に追いつくも逆転弾が決め切れないチームだったが、ゴールで好調を維持するマティプがこの試合でも勝利に導いた。84分にトレント・アレクサンダー・アーノルドのCKからフリーで合わせるも、シュートはゴールラインで相手守備陣にかき出されてしまう。しかしクリアから宙に浮いたボールを再び拾うと、前のモハメド・サラーにパス。サラーは反転しながらゴールを決め、ついに逆転に成功した。

プレミアリーグではアストン・ヴィラ戦、サウサンプトン戦と2試合連続ゴール中だったマティプ。今試合ではゴールこそなかったものの、チームの逆転勝利へと導くアシストを記録し、3試合連続でゴールに絡む活躍を見せた。またこの得点で23ゴール目と、ソン・フンミンに追いついたサラーが得点王を同時受賞。リーグ逆転優勝を勝ち取ることはできなかったが、マティプは最終戦を逆転勝利でUEFAチャンピオンズリーグ決勝に勢いを付け、味方の個人賞もアシストする大きな輝きを見せた。

記事一覧(新着順)

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.270 欧州4大リーグ2021-22

雑誌の詳細を見る

注目キーワード

CATEGORY:コラム

注目タグ一覧

人気記事ランキング

LIFESTYLE

INFORMATION

記事アーカイブ