インテルの追い上げにペリシッチは欠かせない 33歳WBが5試合2ゴール4アシストといぶし銀の活躍

重要な働きを見せるベテランのペリシッチ photo/Getty Images

2015年からインテルに在籍しているペリシッチ

現在ミランとセリエA優勝争いをしているインテルにとって、ボローニャ戦とウディネーゼ戦の2試合連続でゴールをあげた33歳イヴァン・ペリシッチの存在はあまりにも大きい。

先日行われたばかりのウディネーゼ戦では、左からのコーナーキックに頭で合わせ、ニアサイドへとゴールを決めた。ボローニャ戦ではチーム自体は敗れてしまったものの、ペリシッチが先制のゴラッソを決めている。スローインのボールを受けるために右サイドへ流れたペリシッチは、ワンツーで中へ切れ込み1人を股抜きでかわす。そしてすぐさま左足を振り抜き、こちらもニアサイドへ強烈なミドルシュートをネットに突き刺した。

彼は今シーズン、リーグ戦32試合に出場し7ゴール6アシストを記録。直近の5試合は2ゴール4アシストとここにきてさらに調子を上げている。ペリシッチのポジションが左ウイングバックであることを考えるとこれは驚異的な数字だ。彼が躍動しているあまり、今冬にアタランタから移籍してきたドイツ代表のロビン・ゴセンスは一度も先発出場することができていない。

伊『calciomercato』によれば、ペリシッチとインテルは6月で契約満了となるが、現在の年俸である500万ユーロ以下の金額で契約延長をオファーしている模様。ペリシッチ自身もインテルに残ることを望んでいるようで、年俸がいくらになるかはわからないが、順当にいけば契約が延長されることになる。

インテルは現在勝ち点2差で、首位ミランにわずかに後れをとっている状況。2年連続となるスクデット獲得を達成するためにも、日に日に円熟味が増してきているペリシッチの活躍が必須となりそうだ。衰えの知らないこの選手を来年以降も引き止めるために、まずはしっかりと契約延長をはたしたいところだ(データは『SofaScore』より)。

記事一覧(新着順)

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.269 欧州決戦クライマックス

雑誌の詳細を見る

注目キーワード

CATEGORY:コラム

注目タグ一覧

人気記事ランキング

LIFESTYLE

INFORMATION

記事アーカイブ