“リトル・マジシャン”は復活した 1カ月半でコウチーニョが掴んだ信頼

ゴールを決めて吠えるコウチーニョ photo/Getty Images

2月のクラブ月間MVPに

約1カ月半で小さな魔術師完全復活と言ったところか。2018年以来となるプレミアリーグ復帰を果たしたアストン・ヴィラMFフィリペ・コウチーニョに流れがきている。

バルセロナ移籍から思うように結果を残せなかったコウチーニョは、今冬にリヴァプール時代の先輩スティーブン・ジェラードが指揮するアストン・ヴィラにレンタル移籍することになった。あれから1カ月半、コウチーニョの評価は大きく変わりつつある。

まずコウチーニョは初陣となった1月15日のマンチェスター・ユナイテッド戦で得点を記録すると、2月9日のリーズ・ユナイテッド戦では1得点2アシストの活躍を披露。すぐさまアストン・ヴィラの攻撃の中心となった。
そのパフォーマンスはサポーターも大絶賛で、アストン・ヴィラ公式で行われたアンケートにてコウチーニョは2月の月間MVPに選ばれている。

3位のDFマティ・キャッシュ(16%)、2位のMFジェイコブ・ラムジー(23%)を抑えてコウチーニョは27%の票を獲得しており、これ以上ないアストン・ヴィラでのスタートだ。決してビッグクラブとは言えないが、まずはコウチーニョがサッカーを楽しむことが重要だ。

その良い流れはブラジル代表にも繋がっており、2月2日のパラグアイ戦では約2年ぶりとなるゴールも奪った。ワールドカップ・カタール大会メンバー入りへ黄信号といった状況だったが、アストン・ヴィラ移籍でその風向きも変わってきている。再び代表監督チッチの信頼を勝ち取れるかもしれない。

あとはこれを継続するのみだ。元より才能は抜群だっただけに、環境さえ噛み合えば結果は残せたのだろう。いざコウチーニョ完全復活の時だ。

記事一覧(新着順)

電子マガジン「ザ・ワールド」No.293 絶対無敵!レヴァークーゼン

雑誌の詳細を見る

注目キーワード

CATEGORY:コラム

注目タグ一覧

人気記事ランキング

LIFESTYLE

INFORMATION

記事アーカイブ