早くも到来した“チアゴ・ロス” 攻撃的なスタイルを採用するF・マリノスが避けては通れない道

マスカット監督としてはいきなり課題を突き付けられることになった photo/Getty images

既存選手の台頭に期待だ

明治安田生命J1リーグ第2節柏レイソル対横浜F・マリノスの一戦は3-1で柏が白星を挙げている。ホームチームは2戦2勝とスタートダッシュに成功。一方のF・マリノスは1勝1分1敗と期待とは裏腹の序盤戦となっている。

そんなマリノスだが、この柏戦では最終ラインの対応ミスが目立った。3失点中2失点はビルドアップミスからゴールネットを揺らされており、非常にもったいない失点となっている。改善は必須だが、仕方ない部分もある。両失点に関与してしまったエドゥアルドは新加入の選手であり、リーグ戦は2試合目の選手だ。チーム内での連携はまだまだであり、これから適応することになる。特にマリノスは後方から丁寧につなぐJリーグでも珍しいチームであり、馴染むにはより時間を要することになる。これはピッチに出て経験するしかない。

しかし、もう一つの問題は根が深い。後方の広大なスペースのカバーリングだ。このゲームでは途中からセンターバックに降りた岩田智輝が細谷真大の抜け出しをファウルで止めたシーンでレッドカードが提示され、一発退場になっている。岩田がかわされればGKと一対一となることが予想され、決定機阻止とみなされたのだろう。

F・マリノスの攻撃的なスタイル上、こういったピンチは頻繁に起きてしまう。このシーンも非常に前掛かりになっており、岩田が一人で細谷に対応することになっている。スタート地点では岩田が前に出ていたが、細谷が加速し先にボールを触っている。細谷の足が速かったということもあるが、こういった高速カウンターに対応できるDFが欲しい。こういったシーンで対応できるのが移籍したチアゴ・マルチンスであり、今のマリノスには彼のようなアスリート能力に長けたDFが不在なのだ。これは攻撃的な前掛かりになるスタイルを信条としている以上は死活問題であり、柏戦でより重大な問題となっている。

F・マリノスは中2日でヴィッセル神戸とのリーグ戦を迎えることになる。レッドカードで退場となった岩田と畠中は起用できないため、エドゥアルドともう一人、ベテランの實藤友紀と若手の角田涼太朗どちらかにチャンスが与えられるだろう。今季はエドゥアルドがまだフィットしておらず、畠中も不調であり、控え組の躍動に期待したい。

記事一覧(新着順)

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.275 カタールW杯GS展望

雑誌の詳細を見る

注目キーワード

CATEGORY:コラム

注目タグ一覧

人気記事ランキング

LIFESTYLE

INFORMATION

記事アーカイブ