チームメイトも「負ける気がしなかった」ほどの安定感 京都に新加入の長身CBコンビが浦和を完封

京都で存在感を示せるか(写真はイメージ) photo/Getty Images

どちらも190cmを超えるアピアタウィアとメンデス

京都サンガFCはJ1第1節で浦和レッズと対戦し、1-0で勝利を果たした。今試合で京都の新たなCBコンビが大きな輝きを放ち、無失点勝利に貢献している。

京都はJ1昇格を果たした今オフに、ディフェンスリーダーだったヨルディ・バイスを放出する。新たにベガルタ仙台からアピアタウィア久を、ヴァンフォーレ甲府からメンデスを獲得し、開幕戦は両CBがコンビを組んで挑んだ。

京都は右サイドバックに入った白井康介の裏を浦和の明本考浩に狙われてピンチを迎える。しかしCB陣がカバーリング能力を活かして決定機を作らせない。

次第にクロスボールが増える浦和だったが、190cm超えのアピアタウィアとメンデスが長身で跳ね返していく。左サイドバックに入った麻田将吾も試合後に「クロスが入っても(両センターバックが)負ける気がしなかった」と語ったが、抜群の安定感を見せて浦和を完封。今季よりチームに加入したセンターバックの2人はディフェンスラインをけん引し、京都の躍進に欠かせない存在となるだろう。

記事一覧(新着順)

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.269 欧州決戦クライマックス

雑誌の詳細を見る

注目キーワード

CATEGORY:コラム

注目タグ一覧

人気記事ランキング

LIFESTYLE

INFORMATION

記事アーカイブ