ジェラード、ベッカムにも負けぬ才能 イングランド黄金世代にいたセンス抜群の“超万能MF”

イングランド代表で活躍したハーグリーブス photo/Getty Images

もっと評価されるべき才能

イングランド代表はEURO2004、2006年のワールドカップ・ドイツ大会で優勝も狙えると言われ、当時の黄金世代は今も伝説の世代として語り継がれている。

各ポジションにワールドクラスの選手が揃っていたが、特に豪華だったのは中盤だろうか。デイビッド・ベッカム、スティーブン・ジェラード、フランク・ランパード、ジョー・コール、2002年のワールドカップ・日韓大会の頃にはポール・スコールズもいた。

そんな特別な世代において、もっと評価されるべき選手がいる。日韓大会から出場していたジェラードと同い年のオーウェン・ハーグリーブスだ。

ハーグリーブスは2001年にはバイエルンで主力となっていた超万能のユーティリティプレイヤーであり、サッカーセンスはその後所属したマンチェスター・ユナイテッドでも高く評価されていた。英『Planet Football』は怪我さえなければもっと高い評価を得たはずとハーグリーブスの才能を絶賛する。

中盤の底で攻守のバランスを取るのが上手く、サイドバックやサイドハーフも担当する万能性を持ち合わせていた。マンUではクリスティアーノ・ロナウドの代わりにフリーキックを蹴ることもあり、キック精度も高い。ベッカムやランパード、ジェラードたちに比べてネームバリューは劣るかもしれないが、ハーグリーブスも天才肌の選手で間違いない。

ジェラードやランパードが出てきたEURO2004では出番を譲ることもあったが、2006年のワールドカップ・ドイツ大会ではスタメンに復帰。当時は同じマンUでプレイしたマイケル・キャリックも代表に入っており、これほど優秀な中盤が揃うのも珍しい。

ハーグリーブスの存在も黄金世代と言われる理由の1つであり、早くからバイエルンで絶賛されていたその才能はもっと評価されるべきものだろう。怪我さえなければと悔やまずにはいられない選手だ。

記事一覧(新着順)

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.269 欧州決戦クライマックス

雑誌の詳細を見る

注目キーワード

CATEGORY:コラム

注目タグ一覧

人気記事ランキング

LIFESTYLE

INFORMATION

記事アーカイブ