プレミアでの出場は2年で530分のみ マンUにキャリアを狂わされた男はどこへ行く

ファン・デ・ベークは冬にチームを離れるか photo/Getty Images

失敗だ

近年はクリスタル・パレスからアーロン・ワン・ビサカ、レスター・シティからハリー・マグワイア、スポルティング・リスボンからブルーノ・フェルナンデス獲得など的確な補強が見られたマンチェスター・ユナイテッド。その証拠に前述した3名は現状チームの中心人物であり、投資した移籍金に見合った活躍をしている。以前までのアンヘル・ディ・マリアやロメル・ルカク、ヘンリク・ムヒタリアンのような獲得失敗例を考えると、補強が上手くなっているともいえるが、やはりここ数年でも失敗したといわざるを得ない補強はある。

アヤックスから獲得したドニー・ファン・デ・ベークがまさにその例だろう。

CLではベスト4の好成績を残すなどアヤックスで素晴らしいパフォーマンスを披露していた当時のファン・デ・ベーク。もちろん、彼の獲得を希望したクラブは多く、その中からマンUはオランダ代表MFを勝ち取った。しかし、加入当初からB・フェルナンデスとポジジョンの被るファン・デ・ベーク獲得に疑問を持つ声は多く、結果現実のものになってしまった。現状ではファン・デ・ベーク本来のポジションであるトップ下では起用されず、一列下げたボランチで使われるも出場数は少なく、加入2年目の現在ではプレミアの出場時間が530分。試合数に換算すれば6試合にも満たない時間だ。

そんなオランダ代表MFだが、今冬での移籍が噂されている。英『The Sun』ではエヴァートンとニューカッスルが、英『football.london』ではアーセナルがファン・デ・ベークを狙うと報じており、どのクラブでも彼を適正なポジションで使うだろう。

初のイングランド挑戦は完全に失敗に終わったオランダ代表MF。アヤックス時代に見せた才能は本物であり、イングランドでの第2のキャリアに期待したい(データは『WhoScored.com』より)。

記事一覧(新着順)

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.269 欧州決戦クライマックス

雑誌の詳細を見る

注目キーワード

CATEGORY:コラム

注目タグ一覧

人気記事ランキング

LIFESTYLE

INFORMATION

記事アーカイブ