ベンチでも“主人公”の1人 戻ってきた29歳のFWがローマで担う新たな役割

ローマでプレイするエル・シャーラウィ photo/Getty Images

モウリーニョの信頼を受ける

たとえスタメンでなくとも、チームのキーマンとなることはできる。ジョゼ・モウリーニョ率いるローマで言うなら、29歳のFWステファン・エル・シャーラウィだ。

エル・シャーラウィは今年の1月にローマへ復帰したが、この補強はローマにとって大きかった。今季も先発の機会はほとんどないが、モウリーニョは流れを変えるカードとしてエル・シャーラウィのことを信頼しているのだろう。ここまでは65分あたりからエル・シャーラウィを投入するのが鉄板の流れになっている。

交代するのは、MFヘンリク・ムヒタリアンかニコロ・ザニオーロのどちらかだ。両名は2列目でポジションを確保しているが、フル出場する機会はあまり多くない。流れを変えたい際にベンチにエル・シャーラウィが控えている意味は大きい。

伊『Gazzetta dello Sport』はベンチでも主人公の1人とエル・シャーラウィのことを評価しており、9月のサッスオーロ戦では貴重なゴールを決めた。

本人はスタメン出場を望んでいるかもしれないが、今の役割も重要だ。エル・シャーラウィが出てくる65分あたりからのローマも見逃せない。

記事一覧(新着順)

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.270 欧州4大リーグ2021-22

雑誌の詳細を見る

注目キーワード

CATEGORY:コラム

注目タグ一覧

人気記事ランキング

LIFESTYLE

INFORMATION

記事アーカイブ