安定感のある守田、田中を押しのけなぜ? 柴崎岳が先発に選ばれた要因とは

痛恨のミスでサウジアラビアに得点を献上してしまった柴崎岳 photo/Getty Images

オーストラリア戦では誰が先発を掴むのか

先日行われたサウジアラビア対日本代表の一戦は0-1でホームサウジアラビアの勝利となった。これでサウジアラビアはグループステージ3連勝を達成。逆に日本代表は1勝2敗とワールドカップ・カタール大会への出場に黄色信号が点灯してしまった。

この試合で勝敗を決めることになったのはやはりMF柴崎岳のバックパスか。後方の吉田麻也に預けようとしたが、パスが長くなってしまい、サウジアラビアにゴールを献上する形になってしまった。日本代表としてはこの失点が重くのしかかり、黒星を喫することになっている。

致命的なミスも含めて、サウジアラビア戦での柴崎のパフォーマンスには疑問が残った。中盤での不用意なロストが多く、ボール奪取に定評のある遠藤航がいなければよりピンチは増えていただろう。また、守備での切り替えが遅く、起用するのであればボランチではなく、トップ下の選手だ。

ではなぜ、柴崎を起用したのか。やはり彼の持つ攻撃性能の高さだろうか。パス1本で局面を変えることが出来る選手であり、開始直後のミドルシュートは枠を捉えていた。正確なパスが彼の武器であり、サウジアラビアのプレスに苦戦していた日本代表の中で最もチャンスを生み出していた選手だ。

しかし、前述したようなミスからピンチを招くシーンが散見されており、安定感に欠けた。失点の直後に森保一監督は守田英正と柴崎を交代させており、もう少し早い段階でその判断をするべきであったか。守田も田中碧も安定感がある選手であり、森保一監督は柴崎の攻撃性能が彼らの安定感を上回ると判断したのだろうが、裏目に出てしまった形だ。

次節オーストラリア戦では交代でピッチに立った守田と遠藤のコンビが予想されるが、サウジアラビア戦の敗戦を払拭する大勝で白星を掴むことはできるか注目したい。

記事一覧(新着順)

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.262 プレミア新BIG4時代

雑誌の詳細を見る

注目キーワード

CATEGORY:コラム

注目タグ一覧

人気記事ランキング

LIFESTYLE

INFORMATION

記事アーカイブ