親子3代でミランの中心選手となれるか 輝き始めた“NEWマルディーニ”

セリエA初スタメンとなったスペツィア戦で初ゴールを決めたD・マルディーニ photo/Getty Images

スペツィア戦で待望の初ゴール

祖父や父に続いて、ミランの宝石は今後イタリアの名門を牽引していくことができるのか。イタリア・セリエAにて、偉大なDNAを受け継ぐ19歳のストライカーがついにそのキャリアにおける大きな一歩目を踏み出した。

その19歳とはFWダニエル・マルディーニだ。祖父にチェーザレ・マルディーニ、父にパオロ・マルディーニを持つ同選手。その血筋から彼に期待している人は多かっただろうが、ようやく若き才能がトップチームで輝きを放ち始めている。現地時間25日に行われたセリエA第6節のスペツィア戦にて、自身のキャリア初となるリーグ戦のスタメン出場を飾ったD・マルディーニ。前半のプレイぶりこそやや物足りない印象を受けたものの、ハーフタイム明けの後半開始早々にこの19歳は大仕事をやってのけたのだ。

その瞬間は48分に訪れた。ミランは左サイドをドリブルで突破したラファエル・レオンが反対サイドに展開すると、そのパスを受けたピエール・カルルが右サイドからクロスを供給。そのクロスを中央で待ち受けていたD・マルディーニだった。同選手はこのクロスに対し、冷静に頭で合わせて先制点をゲット。そして、このトップチームでの初ゴールはチームを勝利に導く決勝弾となり、D・マルディーニは一気にこの試合における主役となった。

2020年2月のデビューからこれまで14試合に出場するも、なかなか初ゴールが生まれていなかったD・マルディーニ。しかし、15試合目でこの一発を沈めたことにより、彼の中で何かが変わる可能性はある。この感覚を忘れないうちにもう1点奪うことができれば、そう遠くないうちにこの若きストライカーがチームを牽引する存在となることもあるかもしれない。祖父や父とは違い、前線で勝負をするNEWマルディーニ。今後も活躍にも大いに期待したいところだ。

記事一覧(新着順)

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.262 プレミア新BIG4時代

雑誌の詳細を見る

注目キーワード

CATEGORY:コラム

注目タグ一覧

人気記事ランキング

LIFESTYLE

INFORMATION

記事アーカイブ