スピナッツォーラの代役は“19歳”? モウリーニョも期待するローマの秘密兵器

スピナッツォーラ不在の穴を埋める活躍に期待がかかるカラフィオーリ photo/Getty Images

ブレイク期待の下部組織出身SB

現在開催中のEURO2020にて、イタリア代表に帯同していたDFレオナルド・スピナッツォーラがアキレス腱断裂の重傷を負った。優勝を目指すアッズーリにとってはこの上なく痛い負傷離脱となったが、それ以上に大きな被害を被ったのは所属するASローマだろう。

ジョゼ・モウリーニョ新監督を迎え、新たな時代を築かんと2021-22シーズンに向かう予定だったジャッロロッシ。そのなかでスピナッツォーラは左サイドの主戦力として期待されていただけに、この大怪我の被害は甚大だ。復帰までには6カ月程度を要する見込みとも伝えられており、シーズン前半戦は彼抜きでの戦いを強いられることが濃厚となった。

そんな状況を受けて、ローマはチェルシーで出番を失っているイタリア代表DFエメルソン・パルミエリの獲得に動き出しているとも。しかし、新戦力に頼らずとも、ローマはこのピンチを乗り切ることができるかもしれない。スピナッツォーラ不在の状況で期待したいのは、若い力の台頭だ。

なかでも、2020-21シーズンにトップチーム昇格を果たした左SBリッカルド・カラフィオーリ(19)の奮闘には注目だ。将来的にはフランチェスコ・トッティやダニエレ・デ・ロッシの系譜を継ぐバンディエラにもなれると期待をかけられる同選手。昨季は怪我やスピナッツォーラの壁が高かった影響で公式戦8試合の出場にとどまったものの、その素質は各方面から認められている。

伊『Gazzetta dello Sport』によると、モウリーニョ監督もカラフィオーリには大きな期待をかけているようで、彼のことはスピナッツォーラの穴を埋める存在として認識している様子。移籍市場での代役探しも続行するものの、19歳に対する期待値は高いようだ。トッテナム時代にも積極的に下部組織出身選手を登用していた同監督だけに、新たな才能を育てるという意味でもカラフィオーリに一定の出場機会を与える可能性は高いか。

スピナッツォーラと比べれば現時点でのクオリティは低いかもしれないが、間違いなく伸びしろはあるカラフィオーリ。はたして、19歳の左SBは思わぬ形で巡ってきたこのチャンスを活かしきることができるか。ブレイクの瞬間というのは不意に訪れるものだが、カラフィオーリにとってのそれが2021-22シーズンの前半戦となることに期待したい。

記事一覧(新着順)

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.259 EURO2020大会レビュー

雑誌の詳細を見る

注目キーワード

CATEGORY:コラム

注目タグ一覧

人気記事ランキング

LIFESTYLE

INFORMATION

記事アーカイブ