ドイツ代表復帰で“通算103試合出場” ミュラーにもう一度期待する偉大なる記録とは

歴代最多出場記録を更新できるか photo/Getty Images

フランス戦に出場して0-1で敗戦

UEFA EURO2020でドイツ代表とフランス代表が対戦。ドイツは痛恨のオウンゴールを献上して0-1と敗れた。この試合にスタメン出場したトーマス・ミュラーは、通算代表出場試合数を103とした。

2018年にドイツ代表100試合出場を果たしたミュラー。しかしヨアヒム・レーヴ監督は、世代交代を理由に同選手を代表から呼ばないことを明言する。その後は招集メンバーからも外されてしまい、ミュラーの代表出場試合数は100のまま更新されずに終わっていくものだと思われた。

しかし、指揮官は今大会に臨むにあたって、ミュラーを再び招集することを決定。今季ブンデスリーガで11ゴール18アシストを記録したアタッカーは、結果でドイツ代表復帰を勝ち取った。

大会前の国際親善試合を含め、これでミュラーの代表キャップ数は「103」となった。大会終了後はハンジ・フリック監督の就任が決まっており、ミュラーがメンバーに選ばれる可能性も高い。そうなってくると気になるのがドイツ代表でもっとも試合に出ている選手だ。

代表試合数でトップは、ローター・マテウス氏の150試合だ。それまでは残り47試合となっており、超えることも不可能ではない。その前にミロスラフ・クローゼ氏の136試合も越えなければいけない。

大記録にどこまで迫ることができるのか。約3年ぶりの復帰となったミュラーに期待がかかる。

記事一覧(新着順)

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.259 EURO2020大会レビュー

雑誌の詳細を見る

注目キーワード

CATEGORY:コラム

注目タグ一覧

人気記事ランキング

LIFESTYLE

INFORMATION

記事アーカイブ