冨安と組めばセリエA“最強ヤングDFコンビ” U-24の数字を支配する2人

ボローニャで評価を高める冨安 photo/Getty Images

1度見てみたい組み合わせ

守備の数字だけを見るならば、ボローニャで活躍を続けるDF冨安健洋は現在のセリエAを代表する若手DFだ。センターバックとサイドバックの両方を兼務でき、弱点らしい弱点も見当たらない。

その冨安に注目しているのがセリエAの準強豪クラブとなったアタランタで、獲得へ強い関心を示しているという。

仮にアタランタへ移籍するならば、楽しみなのが23歳のアルゼンチン代表DFクリスティアン・ロメロとのコンビだ。ロメロにはマンチェスター・ユナイテッドも関心を示しているようだが、ロメロがアタランタに残留した場合は面白いことになってくる。

冨安とロメロは今季のセリエAでトップクラスの数字を残しており、冨安が22歳、ロメロが23歳と若いことも魅力だ。

アタランタで一流DFとなったロメロ photo/Getty Images

現セリエAを代表する若手DFの2人

今季セリエAでプレイした24歳以下のDFを見てみると、空中戦勝利数はロメロが105回で1位、2位がフィオレンティーナDFニコラ・ミレンコビッチ(23)で101回、そして3位が冨安で91回だ。

クリア回数ではミレンコビッチが121回で1位、冨安が102回で2位、ロメロは63回で6位。

タックル成功数はロメロが63回で1位、冨安は47回で5位。

インターセプト数はロメロが94回で1位、冨安は54回で3位。

インテルDFアレッサンドロ・バストーニなども現在のセリエAを代表する若手センターバックだが、冨安、ミレンコビッチ、ロメロもそのカテゴリーに入るのは間違いない。アタランタで冨安とロメロの共演が実現すれば、来季のアタランタはさらに上のステージを目指せるかもしれない。

セリエA最強ヤングコンビと言っても大袈裟ではないが、冨安は来季もセリエAでインパクトを残せるのか。アタランタでも成功を収めることができれば、その先にメガクラブへの挑戦が見えてくる(数字は『WhoScored.com』より)。

記事一覧(新着順)

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.261 PSGは最強になれるのか

雑誌の詳細を見る

注目キーワード

CATEGORY:コラム

注目タグ一覧

人気記事ランキング

LIFESTYLE

INFORMATION

記事アーカイブ