久保建英、ヴィニシウスらの成長スピード遅い “新銀河系軍団”の夢は失敗なのか

ヘタフェにレンタル移籍していた久保 photo/Getty Images

主力になれる者少なく

数年後には若手が成長し、新銀河系軍団が誕生するかもしれない。最近のレアル・マドリードの補強から、そんな未来を描いていたサポーターもいたはず。

FWヴィニシウス・ジュニオール、ロドリゴ・ゴエス、MF久保建英、レイニエル・ジェズスなど、才能ある若手を早い段階で獲得していたからだ。

将来1億ユーロ級のプレイヤーに成長する可能性がある若手を早いうちから囲っておく。これがレアルの補強プランだったはずだが、ここまで順調に進んでいるとは言い難い。

獲得された選手たちの才能は確かだが、成長スピードが思ったより遅いのだ。ヴィニシウスとロドリゴの成長も緩やかで、若い頃のネイマールとはまだ比較できそうにない。

久保はレンタル移籍したビジャレアルで躓き、ヘタフェでの終盤戦でようやく結果を出した形で今季を終えている。まだレアルのトップチームでプレイできる準備は整っていない。

ヴィニシウスはトップチームで奮闘中 photo/Getty Images

若手たちの未来はどうなる

レイニエルもレンタル先のドルトムントでポジション確保に苦しんでおり、まだ欧州ではほとんど爪痕を残せていない状況だ。

FCポルトから獲得したDFエデル・ミリトン、中盤でハードワークしてくれるフェデリコ・バルベルデは戦力となっているが、ミリトンに関しては獲得に5000万ユーロもの移籍金がかかっている。安価と言える値段ではなく、まだその費用を回収できていないイメージだ。

問題は来季だ。今夏にはジネディーヌ・ジダンが退任し、カルロ・アンチェロッティが復帰した。早くもMFイスコが残留するのではなんて話も浮上しているが、アンチェロッティがどこまで若手の成長を促してくれるかは未知数だ。昨季リーガ・エスパニョーラとチャンピオンズリーグのタイトルを落としているため、アンチェロッティは何が何でも結果にこだわる必要がある。若手にチャンスを与えている暇はないか。

近年獲得してきた若手が戦力とならないのは残念だが、レアルが集めた優秀な若手たちの未来はどうなるのか。他にもアーセナルにレンタル移籍していたMFマルティン・ウーデゴーやダニ・セバージョスなど気になる若手はいるが、世代交代は明らかに遅れている。

記事一覧(新着順)

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.258 王者達をプレイバック

雑誌の詳細を見る

注目キーワード

CATEGORY:コラム

注目タグ一覧

人気記事ランキング

LIFESTYLE

INFORMATION

記事アーカイブ