マンUの“絶対的リーダー”となるべし 生え抜きの大型MFが迎える進化のとき

来季のさらなる成長に期待がかかるマクトミネイ photo/Getty Images

ファーディナンドも期待する24歳の成長

2020-21シーズン、プレミアリーグでここまで2位につけているマンチェスター・ユナイテッド。同じ街のライバルであるマンチェスター・シティに優勝こそ譲ったものの、彼らの今季は十分に満足できる内容だったと言っていいだろう。数年前まではトップ4入りすら難しかった同クラブだが、オーレ・グンナー・スールシャール体制3シーズン目は未来に向けて前向きな材料が随所に見て取れた。この調子を継続しつつ、今夏移籍市場で的確な補強を行うことさえできれば、来季のマンUは優勝を争うことも可能かもしれない。

そんな良い流れに乗っている印象も強いマンUで、さらなる成長に期待したいのがMFスコット・マクトミネイ(24)だ。かねてよりアカデミー出身の次世代リーダーとして期待され続けてきた同選手。闘志をむき出しにしながら中盤でファイトするプレイスタイルに、“闘将”ロイ・キーンの姿を重ねている人も少なくはないだろう。まだ荒削りな部分は多いものの、赤い悪魔の未来を担う存在としての期待は大きい。

来季で2017年5月のデビューから6シーズン目を迎えるマクトミネイ。そろそろ本格的にリーダーとしての地位を確立してもいい頃だろう。選手としてもうひと回り大きくなりたい時期にチームの調子も上向いてきたとあって、なんとかこのビッグウェーブには乗っていきたいところだ。

「チームが正しい方向で構築されることになれば、マクトミネイは数年間でリヴァプールのジョーダン・ヘンダーソンのようになれると思うよ。彼はそうなれるほどのキャラクターを持っていると思う。ブルーノ(・フェルナンデス)や(ポール・)ポグバのようなパサーではないかもしれないが、彼の気持ちを前面に出してボールを刈り取る姿には感銘を受ける。トレーニングを見ていても、マクトミネイは優れたリーダーになれるとつくづく思うね。他の多くの選手が備えていないものを持っていると感じるよ」(英『Daily Mirror』より)

クラブOBのリオ・ファーディナンド氏も、マクトミネイのリーダーシップには大いに期待している様子。これまでは頼れる先輩たちに引っ張ってきてもらったマンUの大型MFだが、今度は彼が赤い悪魔の先頭に立つ番だ。チームの一員から絶対的なリーダーへと飛躍を遂げるときが近づいているマクトミネイ。2021-22シーズン、マンUの主役となるのはこの男かもしれない。

記事一覧(新着順)

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.258 王者達をプレイバック

雑誌の詳細を見る

注目キーワード

CATEGORY:コラム

注目タグ一覧

人気記事ランキング

LIFESTYLE

INFORMATION

記事アーカイブ