今でも“スペシャル・ワン”なのか モウリーニョの評価がさらに怪しくなってきた

トッテナムを指揮するモウリーニョ photo/Getty Images

リーグ戦もELも不本意な結果に

トッテナムを指揮するジョゼ・モウリーニョの立場が怪しくなってきた。

かつてはスペシャル・ワンと絶賛されてきた名将だが、近年は思うような成績を残せていない。以前指揮していたマンチェスター・ユナイテッドでもプレミアリーグ制覇は達成できず、その仕事は認められなかった。

2019年11月にはトッテナムの指揮官に就任したものの、前任のマウリシオ・ポチェッティーノに比べると成績は寂しい。先日もヨーロッパリーグのベスト16で格下のディナモ・ザグレブに大逆転負けを喫し、リーグ戦の方も6位と苦戦気味だ。

今季序盤戦は優勝の可能性もあり得ると評価されたが、攻撃がハリー・ケインとソン・フンミン頼りになる問題はいつになっても解決されなかった。2人が沈黙した場合、トッテナムは攻め手を失う。戻ってきたガレス・ベイルにようやくエンジンがかかり始めてきたが、やはり怪我の問題を考えるとシーズンを通してのフル稼働は期待しづらい。

守備の方もトビー・アルデルヴァイレルト、ダビンソン・サンチェス、エリック・ダイアーといった選手がセンターバックを担当してきたが、おそらくモウリーニョの希望を満たせる人材ではないのだろう。ディナモ・ザグレブ戦の2ndレグで3失点したように、守備の方も安定していない。

モウリーニョとしてはさらなる補強を求めたいところだろうが、それは準強豪クラブといった立ち位置のトッテナムに期待できるものではないだろう。限られた戦力で上位陣と渡り合う必要があり、その点はポチェッティーノの方が巧みだった。

さすがにトップ4にも入れないのは問題で、強いと評判だったモウリーニョの「2年目」神話も崩壊しつつある。今でもモウリーニョはスペシャル・ワンなのか。トッテナムでも失敗となれば、その評価は大きく落ちることになるかもしれない。

記事一覧(新着順)

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.255 アトレティコの現在地

雑誌の詳細を見る

注目キーワード

CATEGORY:コラム

注目タグ一覧

人気記事ランキング

LIFESTYLE

INFORMATION

記事アーカイブ