EUROの“得点王”は誰になる? 期待かかるセリエAで暴れる2人の怪物

ユヴェントスで得点を量産するロナウド photo/Getty Images

ストライカーたちの争いも楽しみ

EURO2020では優勝争いはもちろんだが、得点王争いも気になるポイントだ。少々気が早いが、今夏のEURO2020で得点王のタイトルを手にするのは誰だろうか。

期待がかかるのは、セリエAで暴れる2人の点取り屋だ。まずは現在20得点を挙げてセリエAの得点ランク首位を走るユヴェントス所属のポルトガル代表FWクリスティアーノ・ロナウド、そして18得点を挙げて得点ランク2位につけるインテル所属のベルギー代表FWロメル・ルカクだ。

EUROのような短期決戦で得点王を獲得するには、上位まで勝ち進むチーム力も必要になる。その点も前回王者のポルトガル、予選でも圧倒的な強さを発揮していたベルギーならクリアできるだろう。両チームとも優勝候補に挙げられており、ロナウドかルカクが得点王を獲得する可能性は十分に考えられる。

また、同じポルトガル代表からはフランクフルトで19得点と結果を残しているFWアンドレ・シウバにも期待がかかる。ロナウドとの共存など課題もあるが、今季絶好調のストライカーだ。勢いそのままに大会へ臨めば可能性が出てくる。

インテルでプレイするルカク photo/Getty Images

チームがどこまで勝ち上がれるかもポイント

他にもトッテナム所属のイングランド代表FWハリー・ケイン、バイエルン所属のポーランド代表FWロベルト・レヴァンドフスキ、前回大会得点王のバルセロナ所属フランス代表FWアントワーヌ・グリーズマン、同じくフランス代表のパリ・サンジェルマン所属FWキリアン・ムバッペも候補に挙げられるが、彼らは第2集団といったところか。

ケイン、グリーズマンはクラブでの状態が気がかりで、良い状態でEURO本大会を迎えられるか不安だ。レヴァンドフスキは得点王候補として申し分ないが、ポーランド代表が上位へ食い込めるかは未知数なところも多い。ロナウドやルカクに比べると条件面で不利だ。

ムバッペには可能性があるが、純粋なセンターフォワードではないムバッペがロナウドやルカクとどこまで張り合えるかは分からない。

前回大会で得点王を獲得したグリーズマンは、6得点を奪っていた。今回もそれに近い数字で得点王争いが繰り広げられるだろうが、クラブでの状態そのままにロナウド、ルカク、あるいは伏兵アンドレ・シウバのいずれかが得点王を獲得するのか。はたまた若きムバッペ、優勝候補の一角に挙げられるイングランドのケインが数字を伸ばしてくるのか。ストライカーたちによる個人タイトル争いも要注目だ。

記事一覧(新着順)

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.263 監督で観る欧州蹴球

雑誌の詳細を見る

注目キーワード

CATEGORY:コラム

注目タグ一覧

人気記事ランキング

LIFESTYLE

INFORMATION

記事アーカイブ