満を持してマンUへ帰還した男に待っていた苦境 23歳GKの未来はどうなる

マンUでなかなかデ・ヘアの牙城を崩すことができないヘンダーソン photo/Getty Images

「現在の状況は悪夢のシナリオ」

満を持してのマンチェスター帰還。長かった武者修行を終えて、今季はいよいよ名門のゴールマウスを守る存在へ。開幕前、マンチェスター・ユナイテッドのGKディーン・ヘンダーソンに、そんな期待を寄せていたファンは多かったことだろう。

昨季、昇格組ながらプレミアリーグで9位に食い込む快進撃を披露したシェフィールド・ユナイテッドでは正守護神を務めていたヘンダーソン。マンUから武者修行に向かった選手がプレミアで躍動し、加えてイングランド代表にまで選出されたことにファンは満足感を得ていたはずだ。ダビド・デ・ヘアのパフォーマンスがここ数年不安定だったこともあり、「2020-21シーズンはヘンダーソンがマンUの正守護神になる」と予想する現地メディアも当時は少なくはなかった。

しかし、蓋を開けてみればヘンダーソンはマンUで厳しい立場に追いやられている。今季レンタルバックで赤い悪魔に復帰した同選手だが、いまだに出場はたったの4試合。DF陣との連携面を考慮してか、オーレ・グンナー・スールシャール監督は今季もデ・ヘアをスタメンに固定している。ヘンダーソンも実力は確かなのだが、指揮官はなかなか新たな力を活用しようとしない。

前節サウサンプトン戦でデ・ヘアが負傷交代したことにより、今後数試合はヘンダーソンがゴールマウスを守ることになりそうだが、現時点でスペイン代表守護神との序列の差は明確と言っていい。そんな状況に置かれる23歳GKのことは、クラブOBのロイ・キーン氏もかなり気にしているようだ。英『Daily Mail』が伝えた。

「現在の状況はヘンダーソンにとっては悪夢のシナリオと言える。せっかくユナイテッドへ戻ってきたのに、彼にはプレイする機会が与えられていない。もちろん、シェフィールドとユナイテッドでGKに求める基準が違うのは当然だけどね。それでも、彼はこの状況をそれほど予想していなかったはずだ。このまま出場機会を得られなければ、せっかくの成長を止めてしまうことになるだろう。代表にも呼ばれなくなってしまう可能性が高いね。本当に難しい状況だ。もう一度レンタルという手もあるが、ユナイテッドはデ・ヘアのバックアップをさせるために彼を手放さないかもしれない。満を辞して戻ってきたのに、今のところはその選択が裏目に出てしまっている。本当に心配だよ」

たとえこのまま序列が逆転せずとも、控えGKとしてマンUがヘンダーソンを手放さない可能性は高い。キーン氏はそのように考えている。優秀なだけに戦力として認められてはいるのだが、レギュラーの地位は保証されていない何とも微妙な立場に置かれることとなってしまったヘンダーソン。はたして今後、23歳GKは今後マンUでどのようなキャリアを送っていくことになるのだろうか。デ・ヘアという大きな壁を乗り越えるためにも、スタメンでの起用が予想される今後数試合はヘンダーソンにとって勝負の時間となる。

記事一覧(新着順)

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.256 頼れる大ベテラン

雑誌の詳細を見る

注目キーワード

CATEGORY:海外サッカー

注目タグ一覧

人気記事ランキング

LIFESTYLE

INFORMATION

記事アーカイブ