ついに“クラブ史上最高額の男”が本領を発揮する トッテナムの怪物MF覚醒へ

トッテナムのエンドンベレ photo/Getty Images

指揮官との関係悪化を乗り越えて

昨夏クラブ史上最高額の移籍金でトッテナムにやって来た男は、ようやくその真価を発揮する時がきたのか。フランス代表MFタンギー・エンドンベレがプレミア2年目のシーズンで躍動している。

加入初年度となった昨季は総額7,000万ユーロ(約83億2000万円)もの移籍金でチームへ迎え入れられたものの、思うような時間を過ごすことができなかったエンドンベレ。シーズン終盤にはジョゼ・モウリーニョ 監督との関係悪化も報じられ、一時はたった1年でトッテナムが彼を放出するのではとの噂も流れていた。結局、怪我などの影響もあり2019-20シーズンの公式戦出場は29試合。決して少なくはないが、加入当初の期待値からすれば物足りない出場数だったことは否めない。

しかし、それから幾ばくかの時間が経過し新たなシーズンを迎えた今、エンドンベレは以前と見違えるような姿を見せている。スタメン出場こそ多くないものの、ここまでは開幕から7試合に出場。ピッチに立てば優れた攻撃センスでスパーズの中盤を牽引するようになった。

ついにクラブ史上最高額の男が本領発揮。ファンはエンドンベレの今後に大きな期待を寄せていることだろう。一時は指揮官との衝突でトッテナムでのキャリアを潰しかけた同選手。しかし、今ではモウリーニョ監督との関係も順調なようだ。エンドンベレは『RMC Sport』に対して、“スペシャル・ワン”との衝突は事実だったことを認めつつも、現在その関係は修復していると次のように述べている。

「昨季、監督と僕の考え方にいくつか違いがあったんだ。でも今では、クラブが前へと進むために、僕らはお互いのエゴをそれぞれ脇に置いておくことにしているのさ。今では状況がだいぶ改善しているよ。今後もこれを継続していきたいね」

自身の周囲に渦巻いていた嫌なムードを振り払い、いよいよ真の姿を披露し始めたエンドンベレ。はたして、かつてリーグ・アンを席巻した中盤戦士はこのままトッテナムで本格的に覚醒することとなるのだろうか。苦しい時間を乗り越えて、プレミアでまた一つ巨大な才能が開花しようとしている。

記事一覧(新着順)

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.250 戦術パラダイム最前線

雑誌の詳細を見る

注目キーワード

CATEGORY:海外サッカー

注目タグ一覧

人気記事ランキング

LIFESTYLE

INFORMATION

記事アーカイブ