X・アロンソが隣にいた時のように…… ボランチで期待されるブスケッツ完全復活

バルセロナのブスケッツ photo/Getty Images

システムは噛み合うか

開幕前はリオネル・メッシ退団説などネガティブな話題ばかり続いていたが、ロナルド・クーマン体制となったバルセロナは開幕からリーグ戦2連勝を記録した。

それもビジャレアルに4-0、セルタに3-0と恐ろしいほど安定している。セルタ戦ではDFクレマン・ラングレが退場してしまうアクシデントはあったものの、それでも2試合続けてクリーンシートは達成できている。

リオネル・メッシ、アントワーヌ・グリーズマン、フィリペ・コウチーニョ、そして2戦連続弾と絶好調の17歳FWアンス・ファティで構成される攻撃陣は魅力たっぷりだが、他にも注目すべきポイントがある。

それはMFセルヒオ・ブスケッツの位置だ。クーマンは[4-2-3-1]のシステムを選択しており、中盤ではブスケッツとフレンキー・デ・ヨングがペアを組んでいる。

[4-3-3]の場合はブスケッツがアンカーの位置で守備をこなしていたが、デ・ヨングが隣にいることで負担も変わってくる。スペイン『MARCA』はダブルボランチになることでベストなブスケッツが引き出せると信じているのだ。

まだ手探りの部分もあるが、ブスケッツも「守備の面で僕の隣にチームメイトがいるのは良いことだし、攻撃面でもより自由にやれる」と手応えを口にしている。

スペイン代表ではシャビ・アロンソと中盤でコンビを組んでいた時期もあり、同メディアはバルセロナでそれの再現が起きることを望んでいる。

ブスケッツとデ・ヨングのフィルターが機能すれば、守備は安定してくるはず。バルセロナの守備が本物か4日のセビージャ戦が1つのチェックポイントとなるだろう。

また今夏にはユヴェントスからMFミラレム・ピャニッチが加わっているため、ダブルボランチのところでピャニッチをローテーションさせる案も出てくる。

クーマンの下でもう1度ベストなブスケッツを見ることはできるのか。開幕2試合連続のクリーンシートは順調なスタートで、ブスケッツ&デ・ヨング&ピャニッチで中盤を支配したいところだ。

記事一覧(新着順)

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.250 戦術パラダイム最前線

雑誌の詳細を見る

注目キーワード

CATEGORY:海外サッカー

注目タグ一覧

人気記事ランキング

LIFESTYLE

INFORMATION

記事アーカイブ