今季“プレミア得点王”は誰だ 期待集める10人のゴールゲッター

アーセナルのオバメヤン photo/Getty Images

1番人気は……

開幕が近づく2020-21シーズンのプレミアリーグにて、得点王に輝くのは誰だろうか。

昨季はレスター・シティFWジェイミー・バーディが23得点を記録し、得点王に輝いている。

もちろんバーディも得点王候補だが、『Bet365』での今季得点王オッズでは8番人気に留まっている。

最も人気が高いのは、昨季19得点を挙げたリヴァプールFWモハメド・サラーだ。

昨季こそ得点王のタイトルを逃したが、サラーは2017-18、2018-19シーズンと2季続けて得点王を獲得した実績がある。

2番人気はアーセナルFWピエール・エメリク・オバメヤンとトッテナムFWハリー・ケインが同率で、4番人気にはチェルシーへ加入したFWティモ・ヴェルナーが入ってきている。

ヴェルナーはプレミア初挑戦だが、その得点力は高く評価されている。チェルシーのスタイルも攻撃的なため、いきなり20ゴール超えを達成してくる可能性もある。ハキム・ツィエク、クリスティアン・プリシッチらがどこまでチャンスボールを提供し続けられるかがカギだ。

5番人気はマンチェスター・シティFWセルヒオ・アグエロ、6番人気は同じくマンCからFWラヒーム・スターリング、7番人気はリヴァプールFWサディオ・マネだ。

ライプツィヒのヴェルナー photo/Getty Images

アグエロは得点王候補の常連だが、スターリングもついにここまで評価を上げてきた。昨季は20得点を記録しており、ジョゼップ・グアルディオラの下で得点を奪えるアタッカーへと変貌を遂げているのだ。もはや単なるスピードスターではなく、得点を量産できるワイドアタッカーだ。

さらにバーディと並ぶ8番人気にもマンCからFWガブリエウ・ジェズスが入っている。得点王を狙えると評価されるFWが3枚も揃っているのだから、マンCの攻撃力がいかに強烈かが分かる。スタメン出場の機会さえ増えれば、サラーやオバメヤンとも争えるだけの得点力を秘めている。

最後の9番人気はマンUのFWマーカス・ラッシュフォードが選ばれており、ラッシュフォードにも可能性はあるだろう。

新参者はヴェルナーのみとなっているが、果たして新シーズンの得点王に輝くのは誰か。個人タイトル争いも要注目だ。

●最新情報をtwitterで見よう!

twitterアカウント
https://twitter.com/theWORLD_JPN/

記事一覧(新着順)

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.249 欧州蹴球10年の軌跡

雑誌の詳細を見る

注目キーワード

CATEGORY:海外サッカー

注目タグ一覧

人気記事ランキング

LIFESTYLE

INFORMATION

記事アーカイブ