華麗なるチャンスメイカーへの変貌 ゲルト氏に続きトーマスも“伝説のミュラー”に

バイエルンのミュラー photo/Getty Images

ゲルト・ミュラーと比較してもいいレベルか

ゴールを量産するタイプだった若手時代から一転、世界トップクラスのチャンスメイカーへと姿を変えた者がいる。

本来この変化は難しいのだが、いとも簡単に成し遂げたのがバイエルンFWトーマス・ミュラーだ。

ミュラーはドイツ代表とバイエルンの両方で常に1、2を争う点取り屋だったが、30歳で迎えた昨季はチャンスメイカーへと変貌。

ロベルト・レヴァンドフスキらにチャンスボールを提供し続け、シーズンで26アシストも記録してみせた。

加えてミュラーはチームのために走れるハードワーカーであり、チームを引っ張るリーダーシップも持ち合わせている。キャラクターの面でも非常に優れた選手なのは間違いない。

英『Daily Mail』によると、かつてバイエルンでミュラーを指導したユップ・ハインケスもその能力を絶賛する。

「私にとって彼の個性やプレイスタイルは、ゲルト・ミュラーと並んでドイツサッカー史上最も優れたものだ。彼は常にチームプレイヤーであり、勤勉であるところをもう1度示したね。彼はピッチの原動力で、これまで以上にそれは明らかなものとなっている」

ミュラーは新シーズンもチームに欠かせぬリーダーとしてピッチに君臨することだろう。

ハードワーク出来るところもミュラーの長所であり、バイエルンの歴史に残る特別な選手であることは間違いない。

●最新情報をtwitterで見よう!

twitterアカウント
https://twitter.com/theWORLD_JPN/

記事一覧(新着順)

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.249 欧州蹴球10年の軌跡

雑誌の詳細を見る

注目キーワード

CATEGORY:海外サッカー

注目タグ一覧

人気記事ランキング

LIFESTYLE

INFORMATION

記事アーカイブ