「それと、僕もね」 A・デイビスが選ぶ“5人”の現世界最高級サイドバック

バイエルンのデイビス photo/Getty Images

サイドバックにも世代交代の波

現世界最高のサイドバックを5人挙げるなら、どのような顔ぶれとなるだろうか。

この疑問に答えたのは、自身も左サイドバックとして大ブレイクを果たしたバイエルンDFアルフォンソ・デイビスだ。

デイビスはアタッカーを本職としていた選手だが、その爆発的なスピードを武器に左サイドバックで活躍。このコンバートは大正解だった。

今回『90min』にてデイビスは5人の現世界最高サイドバックを挙げているが、果たして誰が選ばれたのか。

「ハキミは最高の選手の1人だと思う。パヴァールのプレイも大好きだ。アーノルドは間違いなく挙げられるし、アーセナルのブカヨ・サカも好きだ。彼は本当に良い選手だよ。それと、僕ね!」

最後にはしっかり自分もリストアップしているが、デイビスが選んだ5人は今季ドルトムントで活躍した同じスピードスターのアクラフ・ハキミ、バイエルンのチームメイトであるバンジャマン・パヴァール、リヴァプールのトレント・アレクサンダー・アーノルド、そしてアーセナルのサカだ。

パヴァールを除けば全員が攻撃に持ち味を持つ選手で、サカはデイビスと同じくアタッカーを本職としているプレイヤーだ。

サカは今後ポジションを上げていくと予想されるが、デイビスの方はどうしていくのだろうか。

これからのビジョンについてデイビスは、「今は間違いなくサイドバックでやるかな。僕の好きなポジションだし、センターバックのパートナーと上手くやっていくことも好きだ」と答えている。当面は左サイドバックを本職としていく考えか。

デイビスの選んだ5人は若い構成となっており、サイドバックの世界にも世代交代の波がきているのかもしれない。

●電子マガジンtheWORLD(ザ・ワールド)最新号を無料で公開中!

電子マガジン最新号は、「欧州サムライ伝説NEXT」と題し、まさに今欧州挑戦中の若きサムライたちをピックアップ。久保建英、冨安健洋ら、これからの日本サッカーを担う才能たちの現在地を追い、その魅力に迫ります!

こちらから無料でお読みいただけます。
http://www.magazinegate.com/theworld/

記事一覧(新着順)

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.247 欧州サムライ伝説NEXT 次世代を牽引するライジングスター編
theWORLD(ザ・ワールド)は世界中のサッカーを網羅する、日本初のスマートデバイス対応フリーミアム 電子マガジン!

雑誌の詳細を見る

注目キーワード

CATEGORY:海外サッカー

注目タグ一覧

人気記事ランキング

LIFESTYLE

INFORMATION

記事アーカイブ