“5200万ポンドの控え”が名誉挽回へ ファン・ダイクも期待するNo.8の大逆襲

今季は思うような活躍を披露できなかったケイタ photo/Getty Images

「彼はワールドクラスの実力者」

「彼にジェラードの8番を託したのは失敗だった」、「4番手に5200万ポンドもの移籍金を費やしたのは間違いだったと言える」。今季プレミアリーグで優勝を果たした裏で、インパクトを残すことができなかったリヴァプールMFには各方面から厳しい言葉が向けられた。ナビ・ケイタのことだ。

ユルゲン・クロップ監督のサッカーに適合すると期待され、2018年夏にリヴァプールへやってきたケイタ。しかし、クラブのレジェンドであるスティーブン・ジェラード氏の背番号8を託された男はいまだその真価を発揮できていない。今季は怪我の影響もあり、リーグ戦出場は18試合にとどまった。うちスタメン起用はわずか9試合ということからも、この25歳がいかに苦戦したかが見て取れる。

しかし、チームメイトはそれでもケイタの実力を認めている様子だ。チームの要であるDFフィルジル・ファン・ダイクは、来季こそ彼が爆発するはずと信じて疑わない。

「ナビと一緒にプレイできることは僕にとって幸せだよ。彼は人間としても素晴らしいし、なにより常に全力でプレイしている。卓越した選手だよ。彼がどれだけ努力しているかは毎週見ていて、誰もがそれを知っている。今季は不運なタイミングもあったけれど、うまくいけば来季はかなり存在感が増すだろうね。正直に言えば、彼はワールドクラスの実力者だと思う。ナビがボールを持った際のスマートな動きやインテリジェンスの高さは皆が知るところだ。インクレディブルな選手だし、彼のプレイを間近で見ることができて幸せだよ」

クラブ公式のインタビューに対して、ケイタのポテンシャルをこのように称賛したファン・ダイク。はたしてその期待通り、来季リヴァプールのNo.8はアンフィールドで輝きを放つことができるのか。今季の悔しさを晴らすためにも、来季は大逆襲のシーズンとしたいところだ。

●最新情報をtwitterで見よう!

twitterアカウント
https://twitter.com/theWORLD_JPN/

記事一覧(新着順)

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.250 戦術パラダイム最前線

雑誌の詳細を見る

注目キーワード

CATEGORY:海外サッカー

注目タグ一覧

人気記事ランキング

LIFESTYLE

INFORMATION

記事アーカイブ