メッシの“相棒”はいつ目覚めてくれるのか 恐怖のFWスアレスに衰えの気配

バルセロナのスアレス photo/Getty Images

このままいけば自身ワーストのシーズンに

アントワーヌ・グリーズマン、ウスマン・デンベレら近年獲得した新戦力が思うようにフィットせず、攻撃がリオネル・メッシ依存状態となっているバルセロナ。

それに合わせて今季チームを苦しくしたのが、FWルイス・スアレスのパフォーマンスだ。ネイマールを含めたMSN時代からスアレスはメッシのパートナーであり、ネイマール退団後もメッシとのコンビネーションでゴールを量産してきた。

ところが、今季は怪我の影響もあってトーンダウン。ここまでチャンピオンズリーグを合わせても19得点しか奪っていない。このままいけばバルセロナ加入以降ではワーストの得点数でシーズンを終えることになってしまう。

スペイン『MARCA』もスアレスの得点数が減っていることを気にかけており、今季のチャンピオンズリーグを勝ち抜くためにはスアレスがこの短い期間でフォームを取り戻す必要があると主張している。

同い年のメッシはまだまだ衰えの気配を見せていないが、33歳はサッカー選手にとってベテランにあたる年齢だ。スアレスに衰えの波がきても不思議はなく、結果だけ見れば2015-16シーズンから得点数はシーズンごとに少なくなってきている。

2015-16シーズンにはリーグ戦だけで40点を奪い、メッシとクリスティアーノ・ロナウドを抑えてリーガ・エスパニョーラ得点王に輝いたこともある。当時は全て合わせて59得点を奪っていたが、もうそれほどのパワーは残っていないのか。相棒が目覚めなければ、メッシにとっても苦しい戦いになるだろう。

●最新情報をtwitterで見よう!

twitterアカウント
https://twitter.com/theWORLD_JPN/

記事一覧(新着順)

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.249 欧州蹴球10年の軌跡

雑誌の詳細を見る

注目キーワード

CATEGORY:海外サッカー

注目タグ一覧

人気記事ランキング

LIFESTYLE

INFORMATION

記事アーカイブ