マンチェスター勢は速すぎ 今季のプレミア“スピードキング”TOP10に5人も

マンCのウォーカー photo/Getty Images

スピードスターがマンチェスターに揃う

とにかく今のマンチェスター勢は速い。マンチェスター・シティとマンチェスター・ユナイテッドにはスピードスターが揃いすぎているのだ。

英『The Sun』は今季のプレミアリーグが終了した段階で「今季のトップスピードランキングTOP10」を作成しているが、何と10人中5人がマンチェスターの両チームから選ばれている。




10位:フィル・フォデン(マンチェスター・シティ/37.12km/h)

9位:フレッジ(マンチェスター・ユナイテッド/37.28km/h)

8位:シェーン・ロング(サウサンプトン/37.35km/h)

7位:エインズリー・メイトランド・ナイルズ(アーセナル/37.44km/h)

6位:チャグラル・ソユンク(レスター・シティ/37.54km/h)

ウルブズのトラオレ photo/Getty Images

3位:アーロン・ワン・ビサカ(マンチェスター・ユナイテッド/37.59km/h)

3位:メイソン・グリーンウッド(マンチェスター・ユナイテッド//37.59km/h)

3位:トレセゲ(アストン・ヴィラ//37.59km/h)

2位:アダマ・トラオレ(ウォルバーハンプトン/37.78km/h)

1位:カイル・ウォーカー(マンチェスター・シティ/37.8km/h)




結果はウォーカーが1位だった。今季のプレミアではウルブズのトラオレが驚異のスピードスターとして話題を集めたが、ウォーカーはそれをも上回る爆速サイドバックとして37.8km/hものスプリントを記録している。

フレッジやフォデンら中盤の選手が入ってきているのは意外かもしれないが、彼らも十分すぎるほどのトップスピードを備えていることが分かる。

また同メディアは、上位のほとんどがシーズン再開後に記録されていることにも驚いている。ウォーカーのこのスピードも、6月末のチェルシー戦で記録したものだという。

トラオレは最終節のチェルシー戦、アーロン・ワン・ビサカの数字も7月22日のウェストハム戦で記録したものになっている。コンディションの不安もある中、再開後の方がハイスピードを記録しているのは興味深い。

●最新情報をtwitterで見よう!

twitterアカウント
https://twitter.com/theWORLD_JPN/

記事一覧(新着順)

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.247 欧州サムライ伝説NEXT 次世代を牽引するライジングスター編
theWORLD(ザ・ワールド)は世界中のサッカーを網羅する、日本初のスマートデバイス対応フリーミアム 電子マガジン!

雑誌の詳細を見る

注目キーワード

CATEGORY:海外サッカー

注目タグ一覧

人気記事ランキング

LIFESTYLE

INFORMATION

記事アーカイブ