「見た中でワーストの花道」 優勝祝うマンC選手の姿勢にリヴァプールファンは

マンCの選手たちは優勝を祝ったが…… photo/Getty Images

選手たちの姿勢に不満の声も

2日、プレミアリーグ制覇を決めているリヴァプールは2位マンチェスター・シティとのビッグマッチを戦った。

結果は4-0でマンCが圧勝することになり、リヴァプールサポーターも少し落胆したことだろう。

しかし英『Daily Star』によると、リヴァプールサポーターの不満は0-4の結果だけではない。それ以上に、試合前にマンCの選手たちがリヴァプールの優勝を祝うべく作った花道に不満があるようなのだ。

マンCの選手たちは花道を作って優勝を決めたリヴァプールの選手を出迎えたが、中には拍手を途中でやめるなど、少しばかり適当と思える選手がいたのも事実だ。SNS上では、そうした一部の選手たちに不満の声が挙がっている。

「見てきた中でワーストの祝福」

「シティには敬意というものが存在しない」

「これ以上に無礼な祝福を見たことはあるか」

英『METRO』も花道にいたマンCのMFベルナルド・シウバの対応に注目しているが、マンCの選手たちの花道はやや敬意を欠いていたのだろうか。

当然マンCの選手たちにはリーグを独走されて悔しいとの思いがあったはず。花道で相手を迎えることには屈辱があっただろうが、今回の花道を巡って余計な議論が起こることとなってしまった。



●電子マガジンtheWORLD(ザ・ワールド)最新号を無料で公開中!

電子マガジン最新号は、「欧州サムライ伝説」第2章。2010年代に入り、多くの日本人選手が欧州へ羽ばたいた時代へ。香川真司、長友佑都、本田圭佑、岡崎慎司、長谷部誠ほか……。欧州で足跡を残したサムライたちの偉業を豊富な写真とともに振り返ります!

こちらから無料でお読みいただけます。
http://www.magazinegate.com/theworld/

記事一覧(新着順)

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.250 戦術パラダイム最前線

雑誌の詳細を見る

注目キーワード

CATEGORY:海外サッカー

注目タグ一覧

人気記事ランキング

LIFESTYLE

INFORMATION

記事アーカイブ