最終ライン全部できる日本代表DFにミランまで興味 本田に続く日本人候補に

ボローニャの冨安 photo/Getty Images

セリエAで評価は上がり続ける

ミランといえばMF本田圭佑がプレイしたイタリアの超名門クラブだが、本田に続く日本人選手が実現するなら可能性が高いのは誰か。

伊『Milanlive.it』が目をつけているのは、もちろんボローニャでプレイする日本代表DF冨安健洋である。

すっかりセリエAを代表する人気若手DFとなった冨安には、ローマも関心を示していると言われてきた。しかし、同メディアはミラン行きの可能性も捨てていない。

というのも、ボローニャは新シーズンへ向けて右サイドバックの強化を狙っており、ミランのダビデ・カラブリアが候補者の1人となっている。ボローニャ指揮官シニシャ・ミハイロビッチがカラブリアの素質を好んでいるようで、ミラン側にも手放す考えはあるようだ。

ただ、ミラン側はカラブリア売却へ1500万ユーロほどを求めている。ボローニャにとって高額すぎる場合は、トレード案もあるのではと同メディアは考えているのだ。そしてそのトレード候補者の1人が冨安というわけだ。

ボローニャも冨安のことを高く評価しているため、そう簡単に手放すはずはない。仮にカラブリアを獲得したとなれば、冨安は来季からセンターバックの1番手になるはずだ。ボローニャにとって重要な戦力であることに変わりはない。

同メディアは冨安が右サイドバックとセンターバックの両方をこなす点は評価しており、それはボローニャにとってもミランにとっても魅力になる。ミランが本田に続く日本人選手の冨安を獲得できれば、アジア方面への経済的なメリットも期待できる。冨安を獲得できれば大きい。

冨安人気はイタリアで順調に上昇しているが、ステップアップはいつになるのか。焦る必要はないが、その時は確実に近づいていると言っていいだろう。

●電子マガジンtheWORLD(ザ・ワールド)最新号を無料で公開中!

電子マガジン最新号は、「欧州サムライ伝説」第2章。2010年代に入り、多くの日本人選手が欧州へ羽ばたいた時代へ。香川真司、長友佑都、本田圭佑、岡崎慎司、長谷部誠ほか……。欧州で足跡を残したサムライたちの偉業を豊富な写真とともに振り返ります!

こちらから無料でお読みいただけます。
http://www.magazinegate.com/theworld/

記事一覧(新着順)

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.246 欧州サムライ伝説2 2010年-2019年編
theWORLD(ザ・ワールド)は世界中のサッカーを網羅する、日本初のスマートデバイス対応フリーミアム 電子マガジン!

雑誌の詳細を見る

注目キーワード

CATEGORY:海外サッカー

注目タグ一覧

人気記事ランキング

LIFESTYLE

INFORMATION

記事アーカイブ