[移籍]チェルシーに“高速ストライカー”来る 強力攻撃陣に新たなワンピース

チェルシーとの契約合意が発表されたヴェルナー photo/Getty Images

ヴェルナーとの契約合意を発表

ついにブンデスリーガで躍動する“高速ストライカー”の移籍先が決まった。チェルシーは18日、クラブ公式サイトにてRBライプツィヒのドイツ代表FWティモ・ヴェルナーと移籍に関する契約面で合意したことを発表した。

今季ここまでライプツィヒで公式戦43試合に出場し32ゴールを奪う活躍を披露しているヴェルナー。今夏の移籍に関する噂が出た段階では、ユルゲン・クロップ監督率いるリヴァプール加入が濃厚とされていたが、最終的に同じプレミアリーグのチェルシーがこの快速FWを確保する運びとなった。

現地メディアによると、契約年数は5年間で移籍金は5300万ユーロ(約63億8000万円)と見込まれている。ヴェルナーは今季のブンデスリーガ終了後にメディカルチェックを行い、その後正式にサインを交わす予定とのことだ。

この契約合意に際し、ヴェルナーはチェルシーの公式サイトでコメントを発表。ライプツィヒに対する感謝を語りつつ、イングランドの強豪に加入する喜びを次のように語っている。

「チェルシーの一員になれることをとても嬉しく思うよ。この素晴らしいクラブに参加できてとても光栄だ。もちろん、RBライプツィヒというクラブやファンと過ごした4年間にも感謝している。彼らは永遠に僕の心の中に居続けるだろう。新しいチームメイト、監督、そしてチェルシーのファンと共に過ごす来季を楽しみにしているよ。僕らの前には成功する未来が待っている」

プレミアでも屈指の攻撃力を誇るチェルシーにまた新たな有能アタッカーが加わったが、はたして来季の彼らはどれほど得点を量産する集団となるのだろうか。今から2020-21シーズンのブルーズが楽しみでならない。

●電子マガジンtheWORLD(ザ・ワールド)最新号を無料で公開中!

電子マガジン最新号は、「欧州サムライ伝説」第2章。2010年代に入り、多くの日本人選手が欧州へ羽ばたいた時代へ。香川真司、長友佑都、本田圭佑、岡崎慎司、長谷部誠ほか……。欧州で足跡を残したサムライたちの偉業を豊富な写真とともに振り返ります!

http://www.magazinegate.com/theworld/

記事一覧(新着順)

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.249 欧州蹴球10年の軌跡

雑誌の詳細を見る

注目キーワード

CATEGORY:海外サッカー

注目タグ一覧

人気記事ランキング

LIFESTYLE

INFORMATION

記事アーカイブ