アーセナルが狙いたい“NEXTエジル”候補 オススメされる19歳のテクニシャン

フェイエノールトのコクチュ photo/Getty Images

オランダで暴れる若き才能

ミケル・アルテタ監督がシーズン途中から就任したことによって、チーム内で影響力を取り戻したアーセナルのMFメスト・エジル。リーグ戦再開後一発目のマンチェスター・シティ戦でこそチームにトラブルが続出した影響もあってか出番がなかったものの、彼は今もガナーズにとって重要な選手と言えるだろう。

しかし、エジルもすでに31歳。パフォーマンスが下降線をたどり始めてもおかしくはない年齢で、アーセナルはそろそろ彼の後継者を見つけておきたいところだ。

そんな中で、英『football.london』がその候補として獲得をオススメしているのがフェイエノールトの19歳MFオルクン・コクチュだ。細かく柔らかなボールタッチで相手を翻弄するテクニシャンで、左右両足の精度はどちらもハイレベル。各種データサイトの利き足項目では「両足」となっている場合も多い。

そんなコクチュは自身を「ストライカーへのアシストも好きだけど、僕は自分で得点を決めることもできる。創造性があるMFなんだ」と表現する。チャンスメイカーがエジルとダニ・セバージョスのみとなっているアーセナルにとっては、まさにうってつけの存在と言えるのではないだろうか。

U-21トルコ代表にも選ばれている同選手は、今季フェイエノールトで公式戦35試合に出場している。若いながらも経験不足が足枷となることはないだろう。大舞台でも物怖じすることはないはずだ。

同メディアによると、コクチュの移籍金は2300万ポンド(30億円)程度となる見込み。近年における移籍金の高騰を考えれば、10代の有望株としてはお得な部類に入るか。エジルの後継者はこの価格で手に入るなら、アーセナルは今すぐ動くべきかもしれない。

●最新情報をtwitterで見よう!

twitterアカウント
https://twitter.com/theWORLD_JPN/

記事一覧(新着順)

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.249 欧州蹴球10年の軌跡

雑誌の詳細を見る

注目キーワード

CATEGORY:海外サッカー

注目タグ一覧

人気記事ランキング

LIFESTYLE

INFORMATION

記事アーカイブ