異次元の万能戦士が“ブンデス最高CB”だ バイエルンの最少失点を支える男

今季はCBとして躍動するアラバ photo/Getty Images

攻守にハイレベルな27歳

今季のバイエルン・ミュンヘンにはいくつかのサプライズがあった。アシスト職人としてトーマス・ミュラーが復活し、左サイドバックへのコンバートで19歳のアルフォンソ・デイビスが大ブレイク。大きなところで言うとこのあたりか。しかし、デイビスのコンバートを生んだもう一つのポジション移動も忘れてはいけない。ダビド・アラバのセンターバック挑戦だ。

今季最終ラインに怪我人が続出した影響を受けて、シーズン途中からCBとしての出場数を伸ばしているアラバ。優れたパスセンスを用いたビルドアップ能力を武器に、彼は今やバイエルンの最終ライン中央になくてはならない存在となっている。

そんなアラバは今やリーグ最強のCBになったのではないか。そう主張するのはブンデスリーガ公式サイトだ。ブンデスでは何人もの優秀なCBがプレイしているが、同サイトはアラバもその一人として数えることができると確信している様子。その理由は彼が攻守にわたって記録しているハイレベルなデータにある。

まず、ブンデスリーガ公式が挙げたのは先日行われたドルトムントとの“デア・クラシカー”でもデータだ。身長180cmであまりビッグサイズとは言えないために空中戦が得意なイメージの薄いアラバだが、彼はこの試合で戦った空中戦に全て勝利している(3/3)。さらにお得意のパスも冴え渡り、その成功率は95.4%を記録。ジョシュア・キミッヒのゴールにばかり注目が集まったが、その陰でアラバはかなり優秀なスタッツを叩き出していたのだ。しかも、これを継続できていることが恐ろしい。

さらに、クリーンな守備も彼の評価を高める要素の一つ。CBに転向してからリーグ戦を20試合も戦っているのに、いまだアラバはレッドカードとイエローカードを1枚も貰っていない。そもそも犯したファウルがたったの6回のみなのだ。これでバイエルンはここまでリーグ最少失点を誇っていると言うのだから恐ろしい。

かつてアラバを指導したジョゼップ・グアルディオラは、バイエルンを指揮していた際に彼のことを「どこでもプレイできる選手。間違いなく世界最高のCBの一人になるよ」と評していたが、それは現実になろうとしているのか。当時この言葉を信じた人は少なかったかもしれないが、今やアラバは誰もが認める立派なリーグ屈指のCBとなっている。

●電子マガジンtheWORLD(ザ・ワールド)最新号を無料で公開中!

電子マガジン最新号は、「欧州サムライ伝説」。中田英寿、小野伸二、中村俊輔など……、欧州で日本人フットボーラーの道を切り開いたパイオニアたちの偉業を、貴重な写真とともに振り返ります。

http://www.magazinegate.com/theworld/

記事一覧(新着順)

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.247 欧州サムライ伝説NEXT 次世代を牽引するライジングスター編
theWORLD(ザ・ワールド)は世界中のサッカーを網羅する、日本初のスマートデバイス対応フリーミアム 電子マガジン!

雑誌の詳細を見る

注目キーワード

CATEGORY:海外サッカー

注目タグ一覧

人気記事ランキング

LIFESTYLE

INFORMATION

記事アーカイブ