C・ロナウドとメッシが積み重ねてきたこの数字は何? “56回VS54回” 

ユヴェントスのロナウド photo/Getty Images

冗談のような数字

ユヴェントスでプレイするFWクリスティアーノ・ロナウドが56回、バルセロナFWリオネル・メッシが54回。この数字が何か分かるだろうか。

嘘のような数字だが、これは2人がハットトリックを決めた回数だ。クラブと代表の両方を合わせ、2人はともに50回を超えるハットトリックをサッカーファンに見せてくれているのだ。

英『The Sun』が改めて2人のハットトリック史を振り返っているが、2人の競争がスタートした時期は似ている。

メッシが初めてハットトリックを記録したのは2006-07シーズンのことで、ロナウドは2007-08シーズンだ。2人の競争が本格化したのは2009-10シーズンからなのだが、何より恐ろしいのはそこからハットトリックを達成できなかったシーズンが1度も無いということだ。

2009-10シーズンより2人はハットトリックを毎シーズン決め続け、2011-12シーズンにはメッシが12回、2014-15シーズンにはロナウドが9回決めるなど、異様なレースとなっていく。

今季も3回ずつ決めており、ハットトリックの回数まで似てくるところに2人が永遠のライバルと呼ばれる理由があるのだろう。

バルセロナのメッシ photo/Getty Images

このままいくと、2人とも60回を超えてくるかもしれない。本人たちはそこまで強く意識はしていないだろうが、ここまでくるとどちらが多くのハットトリックを決めてキャリアを終えるのか気になってくる。

ゴールマシーン2人によるハットトリック対決。こちらも少し気にかけてみると面白いかもしれない。

●電子マガジンtheWORLD(ザ・ワールド)最新号を無料で公開中!

電子マガジン最新号は、「欧州サムライ伝説」。中田英寿、小野伸二、中村俊輔など……、欧州で日本人フットボーラーの道を切り開いたパイオニアたちの偉業を、貴重な写真とともに振り返ります。

こちらから無料でお読みいただけます。
http://www.magazinegate.com/theworld/

記事一覧(新着順)

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.250 戦術パラダイム最前線

雑誌の詳細を見る

注目キーワード

CATEGORY:海外サッカー

注目タグ一覧

人気記事ランキング

LIFESTYLE

INFORMATION

記事アーカイブ