世界最高級SBから“NEWジェラード”へ A・アーノルドに託す希望

精度の高いキックを武器にリヴァプールの右サイドを支配しているA・アーノルド photo/Getty Images

元リヴァプールDFが推す“中盤起用”の可能性

20歳ながらリヴァプールで不動の右サイドバックとなっているイングランド代表DFトレント・アレクサンダー・アーノルド。彼は正確なクロスを武器に、幾度もチャンスを創出するアシストマシーンとしての評価を確立した。おそらく、このまま世界的なサイドバックへと成長していくのだろう。誰もがそう信じて疑わない。

しかし、A・アーノルドに用意されているのは何もサイドバックとしての道だけではない。同選手には中盤にポジションを上げることも、将来の選択肢として残っているのだ。彼はユース時代に中盤でのプレイも経験しており、子供の頃からリヴァプールのレジェンドMFであるスティーブン・ジェラードのプレイをモデルの1つにしていたと過去に明かしている。ジェラードのように中盤でプレイすることへの憧れを持っていてもおかしくはない。

そんなA・アーノルドの中盤コンバートを、過去リヴァプールに在籍したDFジョン・フラナガン(現レンジャーズ)もオススメしている。英『The Athletic』のインタビューに対して、同選手はこの後輩のポジションについて次のように語った。

「僕はトレントのプレイを見るのが大好きなんだ。彼は右サイドバックとして、世界最高だと思うよ。本当に素晴らしい選手だ。同時に彼はまだ若い。これから何年もの間、トレントはリヴァプールにとって重要な存在となるだろうね。将来はセンターMFとしてプレイすることになるかな。素晴らしい右サイドバックであることは明らかだけど、彼はピッチの中央でその能力をさらに発揮できると思うんだ。トレントはそこでプレイするために必要なものを全て持っているよ」

サイドバックとしてもワールドクラスだが、A・アーノルドは中盤でさらに輝くはずと主張したフラナガン。ジェラードも若い頃にはサイドバックを担当していたが、A・アーノルドも同じ道を辿ることとなるのだろか。これまでリヴァプールには何人もの“NEWジェラード候補”がいたが、彼らはようやく本物を見つけたのかもしれない。

●電子マガジンtheWORLD(ザ・ワールド)最新号を無料で公開中!

電子マガジン最新号は、「欧州サムライ伝説」。中田英寿、小野伸二、中村俊輔など……、欧州で日本人フットボーラーの道を切り開いたパイオニアたちの偉業を、貴重な写真とともに振り返ります。

http://www.magazinegate.com/theworld/

記事一覧(新着順)

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.246 欧州サムライ伝説2 2010年-2019年編
theWORLD(ザ・ワールド)は世界中のサッカーを網羅する、日本初のスマートデバイス対応フリーミアム 電子マガジン!

雑誌の詳細を見る

注目キーワード

CATEGORY:海外サッカー

注目タグ一覧

人気記事ランキング

LIFESTYLE

INFORMATION

記事アーカイブ