メンディ、レギロンだけじゃない “マルセロの後継者”争いに18歳が殴り込む

近々のトップチームデビューが期待されるグティエレス photo/Getty Images

レアルの左SB争いはさらに激化するか

レアル・マドリードの左サイドバック争いが激化する。これは昨季マルセロがセルヒオ・レギロンにポジションを奪われていた時期から言われ始めていたことだが、いよいよそのバトルが開幕する時が目前に迫っているか。今季レギロンはセビージャにレンタルされているものの、その間に新加入のフェルランド・メンディも台頭している。

もはやマルセロには退団の噂も流れ始め、来季レアルの左SB争いはこのブラジル代表DF抜きで勃発することも考えられる。どちらも名手から出場機会を奪った新進気鋭の実力者。競争は相当に激しいものとなるだろう。

しかし、そんなバトルに18歳の新星も加わることとなるかもしれない。その18歳とは現在フベニールA(U-19)でプレイするミゲル・グティエレスだ。ジネディーヌ・ジダン監督もグティエレスにはかなり期待しているようで、現地時間27日にはトップチームのトレーニングに合流させている。

スペイン『as』も18歳MFレイニエル・ジェズス、22歳DFハビ・エルナンデスと共に、来季レアルで新たに輝くかもしれない3名の一角としてグティエレスを挙げている。足元の技術が高く、攻撃性能に優れた選手である彼は、守備型のレギロンやメンディと違う特長を持っている。マルセロの去就次第ではあるものの、サイドの攻撃に厚みを持たせたい試合ではグティエレスを起用というパターンも増えてくるはずだ。

皆がその才能に注目する18歳の左SB。はたして、グティエレスはレアルでその能力をどこまで発揮することができるか。もしかすると、あっという間にレギュラー定着なんてこともあるかもしれない。

●電子マガジンtheWORLD(ザ・ワールド)最新号を無料で公開中!

電子マガジン最新号は、「欧州サムライ伝説」。中田英寿、小野伸二、中村俊輔など……、欧州で日本人フットボーラーの道を切り開いたパイオニアたちの偉業を、貴重な写真とともに振り返ります。

http://www.magazinegate.com/theworld/

記事一覧(新着順)

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.249 欧州蹴球10年の軌跡

雑誌の詳細を見る

注目キーワード

CATEGORY:海外サッカー

注目タグ一覧

人気記事ランキング

LIFESTYLE

INFORMATION

記事アーカイブ