エトーVSドログバはどちらが上!? “アフリカ史上最高級FW”巡って議論白熱

チェルシーで活躍したドログバ photo/Getty Images

難しすぎるクエスチョン

カメルーン代表のエースとして活躍し、バルセロナやインテルなどビッグクラブでも結果を出してきたFWサミュエル・エトーと、チェルシーでキャリアの多くを過ごした元コートジボワール代表FWディディエ・ドログバ。

同じ時期に活躍した2人は、アフリカサッカー界を代表する偉大な点取り屋だ。では、どちらがより優れたプレイヤーなのだろうか。究極に難しいクエスチョンとも言えるが、米『ESPN』がSNSでサッカーファンに問いかけている。

まず2人とも点取り屋だが、タイプが大きく異なる。エトーの場合はスピードを1つの武器とし、インテル時代にはサイドを担当するなど機動力と得点感覚を備えたストライカーだ。一方のドログバは相手DFをねじ伏せるパワーが最大の武器で、もちろん得点力もエトーに負けていない。

加えて両者とも大舞台にも強い。エトーはチャンピオンズリーグ決勝で得点を奪った経験もあり、ドログバも2011-12シーズンのチャンピオンズリーグ決勝・バイエルン戦で88分に起死回生の同点ゴールを決めるなど、チームを救ってきた。勝負強さは互角と言っていいだろう。

バルセロナ時代のエトー photo/Getty Images

「1人(エトー)は3冠を2度も達成した選手だぞ」

「チェルシーサポーターだが、これはエトーだ」

こうしたエトーをプッシュする意見もあれば、

「エトーの全盛期は輝いていたが、一貫性に欠けていた。ドログバの方が一貫性があった」

「ドログバがベスト。エトーはクラブ選びが上手かった」

と、ドログバの方を評価する意見もある。

全体的にはエトーを推す声の方が多いようにも思えるが、甲乙つけがたい絶妙な比較と言えよう。

●最新情報をtwitterで見よう!

twitterアカウント
https://twitter.com/theWORLD_JPN/

記事一覧(新着順)

注目キーワード

CATEGORY:海外サッカー

注目タグ一覧

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.245 欧州サムライ伝説1998年-2009年編
theWORLD(ザ・ワールド)は世界中のサッカーを網羅する、日本初のスマートデバイス対応フリーミアム 電子マガジン!

雑誌の詳細を見る

人気記事ランキング

LIFESTYLE

INFORMATION

記事アーカイブ