コウチーニョの“中盤起用”はありか セティエンが考える復活への起用プラン

バイエルンのコウチーニョ photo/Getty Images

起用法を検討中とも

バルセロナからバイエルンにレンタル移籍しているMFフィリペ・コウチーニョのキャリアは今後どうなっていくのだろうか。

昨季の段階でコウチーニョはバルセロナの構想に入り切ることができず、出番を求めてバイエルンへレンタル移籍することになった。バイエルンでも能力を100%発揮しているとは言い難く、バルセロナのサポーターもここまでのパフォーマンスに満足はしていないだろう。

しかしスペイン『MARCA』によると、今季途中よりバルセロナを指揮するキケ・セティエンはコウチーニョの起用プランについて考え始めているという。

そのプランとは、コウチーニョを中盤で起用するというもの。左のウイングで起用されることも多かったが、インサイドハーフの位置から攻撃に創造性をもたらしていく起用法が最適と考えられているようだ。

セティエンは同じくMFアルトゥーロ・ビダルを攻撃の切り札的存在として起用することがあるが、コウチーニョがファイナルサードで違いを生み出せるのならばテストしてみる価値はある。

ただし、金銭面で気になる条件もある。コウチーニョは2018年冬にリヴァプールからバルセロナへ移籍したが、バルセロナでの出場試合数が100試合に到達した段階でリヴァプールへ追加ボーナス2000万ユーロを支払う契約となっている。

ここまでコウチーニョはバルセロナで74試合に出場しているため、仮に来季残った場合は高い確率で100試合出場に達するだろう。同メディアもその点は気にかけているが、バルセロナはコウチーニョにもう1度チャンスを与えてみるべきなのか。

●電子マガジンtheWORLD(ザ・ワールド)最新号を無料で公開中!

最新号は、こんな今だからこそ振り返りたいCLの名勝負を一挙に振り返り! おなじみ、うじきつよし氏によるCL裏話的なインタビューも掲載です。「ぺこぱシュウペイのフロンターレで決定的ーーー!!」も元気に連載中!!

こちらから無料でお読みいただけます。
http://www.magazinegate.com/theworld/

記事一覧(新着順)

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.249 欧州蹴球10年の軌跡

雑誌の詳細を見る

注目キーワード

CATEGORY:海外サッカー

注目タグ一覧

人気記事ランキング

LIFESTYLE

INFORMATION

記事アーカイブ