復活の大型センターバック 現マンUセンターバックTOP7の“4位”に注目

ローマでプレイするスモーリング photo/Getty Images

イタリアで想像以上の活躍

現在マンチェスター・ユナイテッドでプレイしているセンターバックをランク付けするとどうなるだろうか。

今回は英『Manchester Evening News』が現在のセンターバック陣をランク付けしているのだが、面白いのはその4位に入ってきた選手だ。

7位フィル・ジョーンズ、6位マルコス・ロホ、5位アクセル・トゥアンぜべと続き、4位にはローマへレンタル移籍しているクリス・スモーリングが入っているのだ。

スモーリングはマンUで構想外となったわけだが、レンタル移籍したローマでは見事なパフォーマンスを披露した。同メディアも30歳のスモーリングが成熟しており、ゲームを読む能力にも長けていると評価。足下の技術は平均的だが、1対1の対人戦には滅法強いタイプのセンターバックだ。

マンUに戻ってくるかは分からないが、スモーリングが今季のパフォーマンスで評価を上げているのは間違いない。不安定なセンターバックとの評価は適切ではないだろう。マンUに戻ってきた場合でも戦力となるはずだ。

ちなみにランキングでは3位エリック・バイリー、2位ヴィクトル・リンデロフ、1位ハリー・マグワイアと続いているが、スモーリングも4番手には十分すぎる選手と言えよう。

●最新情報をtwitterで見よう!

twitterアカウント
https://twitter.com/theWORLD_JPN/

記事一覧(新着順)

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.249 欧州蹴球10年の軌跡

雑誌の詳細を見る

注目キーワード

CATEGORY:海外サッカー

注目タグ一覧

人気記事ランキング

LIFESTYLE

INFORMATION

記事アーカイブ