20歳になった“Newワンダーボーイ”も忘れるな リヴァプールで活かしたいFW

レンタル先のスウォンジーで活躍するブリュースター photo/Getty Images

レンタル先ではまずまずのパフォーマンス

ライプツィヒのティモ・ヴェルナー、さらにはバルセロナのウスマン・デンベレなど、リヴァプールの補強候補には大物アタッカーの名前が挙がっている。

しかし、忘れてはならないことがある。リヴァプールでは優れた若手選手も育っているのだ。

今回スペイン『as』がスポットを当てたのは今季スウォンジーにレンタル移籍しているFWリアン・ブリュースターだ。

2000年生まれのブリュースターはU-17ワールドカップで得点王を獲得するなど、10代の頃より高い評価を得てきたストライカーだ。リヴァプールのトップチームで出番を確保することはできなかったが、今季レンタル移籍したスウォンジーでは11試合4得点とまずまずの結果を残しているのだ。

今月1日には20歳の誕生日を迎え、そろそろリヴァプールでも本格的に出番を確保していきたいところ。ただ、仮にリヴァプールがヴェルナーを獲得すれば前線の競争力はさらにアップすることになり、ブリュースターら若手にとっては難しい状況となるだろう。

中盤のカーティス・ジョーンズ、ハーヴェイ・エリオット、さらには長期的なプランから獲得された南野拓実など、リヴァプールは既存の戦力も活かしていきたい。ブリュースターにもサポーターは期待をかけているはずだが、その才能をリヴァプールはどう引き出していくのか。

●最新情報をtwitterで見よう!

twitterアカウント
https://twitter.com/theWORLD_JPN/

記事一覧(新着順)

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.249 欧州蹴球10年の軌跡

雑誌の詳細を見る

注目キーワード

CATEGORY:海外サッカー

注目タグ一覧

人気記事ランキング

LIFESTYLE

INFORMATION

記事アーカイブ