マンU“伝説の男”よりもパーフェクト 怪物DFが奪うプレミア史上最強CBの座

リヴァプールの守備陣を束ねるファン・ダイク photo/Getty Images

「彼はより完璧」

イングランド・プレミアリーグにおいて、歴代最高のセンターバックを決めるとすれば誰になるか。元チェルシーのジョン・テリー、元マンチェスター・ユナイテッドのリオ・ファーディナンドやヤープ・スタム、元マンチェスター・シティのヴァンサン・コンパニ……。候補は非常に多い。

しかし、昨年9月に英『Sky Sports』が行ったアンケートでファンが選んだのは元マンUのネマニャ・ビディッチだ。ファーディナンドと共にマンUで数々のタイトルを手にした名DF。ハードに相手を潰すタックルと、異様なまでの空中戦の強さで当時プレミアを席巻した。そのフィジカルの強さはあのスティーブン・ジェラードをして、「まるで岩のようだった」と言わしめるほど。“プレミア史上最高DF"としても問題ないレジェンドと言えるだろう。

だが、かつてチェルシーなどで活躍した元フランス代表DFフランク・ルブーフ氏はそのビディッチよりも優れた現役選手がいると主張する。リヴァプールで活躍するオランダ代表DFフィルジル・ファン・ダイクだ。

「プレミア史上最高のCBを議論するなら、私はビディッチよりもファン・ダイクを選ぶよ。彼はより完璧な選手だ。もちろん、私はビディッチのことも大好きだよ。彼は闘犬のようで、ファンタスティックなDFだった。でも、ファン・ダイクはチームを牽引しているし守備範囲も広い。ビディッチがそれをできるとは思えないんだ。私自身、ヴィディッチの能力に嫌気がさしたことはあるけどね」

ルブーフ氏は米『ESPN』のインタビューに対してこのように語っている。同氏はスピードとリーダシップの観点からファン・ダイクの方がビディッチよりも優れたDFと判断したようだ。圧倒的なフィジカルを誇りながら、一瞬で相手アタッカーに追いつく速さをも兼ね備えるファン・ダイク。言葉にすると、改めてその怪物ぶりを認識させられる。

ルブーフ氏から最高級の評価を与えられたファン・ダイク。この男が備えていない能力などあるのだろうか。そう思えてしまうほどリヴァプール“守備の要”はパーフェクトな選手だ。

●電子マガジンtheWORLD(ザ・ワールド)最新号を無料で公開中!

電子マガジン最新号は、ついにプレミア制覇に手をかけたリヴァプール! レッズを徹底解剖します。人気お笑い芸人・ぺこぱシュウペイの新連載もスタート!

http://www.magazinegate.com/theworld/

記事一覧(新着順)

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.250 戦術パラダイム最前線

雑誌の詳細を見る

注目キーワード

CATEGORY:海外サッカー

注目タグ一覧

人気記事ランキング

LIFESTYLE

INFORMATION

記事アーカイブ