鎌田大地を支える“中盤リベロ” 日本の皇帝から始まる攻撃を見逃すな

フランクフルトで躍動するサムライ2人 photo/Getty Images

注目は鎌田だけではない

20日に行われたヨーロッパリーグ決勝トーナメント1回戦1stレグ・ザルツブルク戦で、フランクフルトFW鎌田大地はハットトリックの大活躍を見せた。

チームも4-1で勝利することになり、鎌田一色のゲームだったと言っていい。しかし、見逃してはならないのがベテランMF長谷部誠の存在だ。

このゲームでは長谷部も中盤でフル出場を果たしており、鎌田とは異なるやり方でチームを見事に統率してみせた。

フランクフルトは後半戦から4バックを採用する機会が増えたこともあり、3バックでリベロの役割を担っていた長谷部の立場も大きく変わった。ベンチスタートも増え、14日のドルトムント戦も長谷部に出番はなかった。

独『Frankfurter Rundschau』も日本人2人が勝利に貢献したことを取り上げており、長谷部も「中盤リベロ」としてゲームのリズムを作ったと評価されている。中盤の底からボールを要求し、攻撃をスタートさせるのが長谷部の役目だったのだ。

同メディアも36歳の長谷部がチームにとって不可欠な存在と伝えており、長谷部がもたらす経験もヨーロッパリーグで上位を目指すためには必要なものだ。長谷部と鎌田の日本人コンビがどこまで進めるのか。長谷部への注目も忘れるべきではない。

●電子マガジンtheWORLD(ザ・ワールド)最新号を無料で公開中!

電子マガジンtheWORLD最新号は、セリエA! 昨季までとは打って変わって激しい優勝争いが繰り広げられるイタリア・セリエAは新フェーズに突入。ユヴェントスを止めるのはどこなのか。いま、再びイタリアが面白い!!

こちらから無料でお読みいただけます。
http://www.magazinegate.com/theworld/

記事一覧(新着順)

注目キーワード

CATEGORY:海外サッカー

注目タグ一覧

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.245 欧州サムライ伝説1998年-2009年編
theWORLD(ザ・ワールド)は世界中のサッカーを網羅する、日本初のスマートデバイス対応フリーミアム 電子マガジン!

雑誌の詳細を見る

人気記事ランキング

LIFESTYLE

INFORMATION

記事アーカイブ