“ノルウェーの神童”止まらない 19歳が見せるドイツでのロケットスタート

今冬ドルトムントに加入したハーランド photo/Getty Images

フリット氏が絶賛

今冬移籍市場で新天地に移った選手の中で、現在最も鮮烈なインパクトを残している選手といえば誰になるか。おそらく、最も支持を集めるのはザルツブルクからドルトムントに活躍の場を移した“ノルウェーの神童”ことFWアーリング・ハーランドだろう。

デビュー戦で途中出場からいきなりハットトリックの大活躍を見せた19歳の勢いは止まるところを知らない。続くケルン戦、ウニオン・ベルリン戦でも2得点の活躍を披露し、先日行われたフランクフルト戦でもゴール。移籍後はリーグ戦5試合で早くも8ゴールを荒稼ぎしている。

そんな規格外の活躍を披露しているハーランドには、オランダのレジェンドも賛辞を送る。かつてバルセロナなどで活躍したルート・フリット氏は、この19歳のゴールセンスには心底驚かされたと次のように語った。独『Revier Sport』が伝えている。

「ハーランドは信じられない選手だね。彼は移籍した後もザルツブルク時代のようにゴールを決め続けている。驚いたよ。ドルトムントは攻撃力が売りのチーム。移籍先としては正しかったね。彼らはとてもテクニカルでオフェンシブなサッカーを繰り広げるんだ。素晴らしいファンとスタジアムを持っている。私も何度か足を運んだことがあるけど、すごい雰囲気だよ。ハーランドは良い決断をしたね」

自身の攻撃力を存分に活かすことができるチームに移籍したことも、ハーランドにとってはプラスに働いたとフリット氏。レジェンドもその才能には惚れ惚れしている様子だ。しかし、同氏はハーランドに対して早々に期待をかけすぎるのも良いことではないと続ける。

「ハーランドは多くの専門家が言うよりもはるかに俊敏だ。そしてゴール前で迷わない。本当に良いストライカーだよ。とはいえ、数年間は待っておこうじゃないか。若者がトップフォームを維持し続けるのは簡単なことじゃないからね」

フリット氏はハーランド がまだ若い選手だけに、調子が落ちた時のことも考慮しなければならないと主張している。焦りは禁物ということだろう。

新天地でロケットスタートを切ったハーランドだが、彼はこれからどれほど偉大な選手となっていくのだろうか。ドイツで若き才能が暴れている。

●最新情報をtwitterで見よう!

twitterアカウント
https://twitter.com/theWORLD_JPN/

記事一覧(新着順)

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.249 欧州蹴球10年の軌跡

雑誌の詳細を見る

注目キーワード

CATEGORY:海外サッカー

注目タグ一覧

人気記事ランキング

LIFESTYLE

INFORMATION

記事アーカイブ