“No.1”以外は興味ナシ? 今夏マンUは究極の2択を迫られるか

デ・ヘアの後釜として期待されるヘンダーソンだが…… photo/Getty Images

守護神問題に波乱の予感

来季、マンチェスター・ユナイテッドのゴールマウスは誰が守っているのだろうか。イングランド名門の守護神選びに波乱の予感だ。

現在マンUで正守護神の座についているのはスペイン代表GKダビド・デ・ヘアだ。かつては“世界最高級GK"との呼び声も高かった同選手。しかし、彼は昨季から低調なパフォーマンスが目立ち始め、今季も何度か凡ミスを犯している。これを受け、ファンからは守護神交代を求める声もあがり始めた。

そんな中、デ・ヘアの後継者候補として期待されているのがイングランド代表GKディーン・ヘンダーソン。この22歳はレンタル先のシェフィールド・ユナイテッドでレギュラーポジションを獲得しており、今季早くもリーグ戦8試合でクリーンシートを達成。ここまでプレミアリーグで6位と快進撃を見せるチームを最後方から支えている。実力は申し分ないだろう。

急成長を見せるヘンダーソンであれば、デ・ヘアとポジションを争うことも可能なはず。いきなりシーズンを通してゴールマウスを任せることは厳しいかもしれないが、マンUとしてはひとまず両者を競わせながらGKのレベルを上げていきたいところ。しかし、この若き守護神は一刻も早くマンUのレギュラーポジションが欲しいのか、強硬姿勢に出る可能性があるという。

そう伝えたのは英『Daily Mail』だ。同メディアによると、ヘンダーソンはマンUが自身を絶対的守護神と認めない限り、チームには戻らないとの考えを持っているようだ。すでに彼は近しい間柄の人々にはその意向を明かしている様子。これが事実であれば、マンUにとっては少々難しい状況になりつつあるかもしれない。

今季開幕前から「僕はマンUでプレイすべき選手」と豪語していたヘンダーソン。これ以上は待てないということか。もしマンUがヘンダーソンを選ぶこととなれば、デ・ヘアの退団は避けられないだろう。はたして今夏、彼らはどちらの守護神を選ぶこととなるのだろうか。究極の2択がマンUを悩ませることとなりそうだ。

●電子マガジンtheWORLD(ザ・ワールド)最新号を無料で公開中!

最新号は、いよいよ始まるチャンピオンズリーグ・ラウンド16を徹底プレビュー。アトレティコ×リヴァプール、レアル×シティなどビッグカードが目白押しの今季CL。注目対決の行方に豪華執筆陣が迫ります!

http://www.magazinegate.com/theworld/

記事一覧(新着順)

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.249 欧州蹴球10年の軌跡

雑誌の詳細を見る

注目キーワード

CATEGORY:海外サッカー

注目タグ一覧

人気記事ランキング

LIFESTYLE

INFORMATION

記事アーカイブ