冨安がボローニャの窮地を救った “スーパーブロック”に大絶賛[映像アリ]

SAPL戦でフル出場を果たした冨安 photo/Getty Images

日本代表DF冨安健洋が所属するボローニャは25日、セリエA第21節でSPALとアウェイで対戦した。23分に先制点を許したボローニャだが、直後の24分にオウンゴールで試合を振り出しに戻すと、後半に2点を奪い3-1の勝利を収めている。

この試合で右サイドバックとしてスターティングメンバーに名を連ねた冨安。両チーム最多となるタックル数を記録したほか、前半終了間際の41分には飛び出したGKのカバーに入ると、スライディングで身体を張って相手のシュートをブロックし、チームの窮地を救った。

守備に奮闘し、勝利に大きく貢献した冨安を伊メディアも大絶賛。『TUTTOmercatoWEB』は「6.5」の評価をつけ、「日本人DFが素晴らしいパフォーマンスを披露。中でも最初の45分は素晴らしかった。(マッチアップした)レカをよく抑えていた。このポーランド人は一度ネットを逃したが、常に注意しなさい。彼(冨安)はミスを犯さない」と綴っている。

守備大国イタリアで日に日に評価を上げている冨安の今後のさらなる活躍に注意だ。この調子でいけば、近い将来ビッグクラブへの移籍も。



●最新情報をtwitterで見よう!

twitterアカウント
https://twitter.com/theWORLD_JPN/

記事一覧(新着順)

注目キーワード

CATEGORY:海外サッカー

注目タグ一覧

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.245 欧州サムライ伝説1998年-2009年編
theWORLD(ザ・ワールド)は世界中のサッカーを網羅する、日本初のスマートデバイス対応フリーミアム 電子マガジン!

雑誌の詳細を見る

人気記事ランキング

LIFESTYLE

INFORMATION

記事アーカイブ